DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
フォクすけバナー
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 韓国大統領退陣デモのニュースがしつこい(うるさい、うざい、うんざり、どうでもいい等々)
    FFF (11/29)
  • 韓国大統領退陣デモのニュースがしつこい(うるさい、うざい、うんざり、どうでもいい等々)
    名無し (11/29)
  • 11Strapsの時計バンドの交換手順が分かりにくい(^^;)。
    FFF (07/29)
  • 11Strapsの時計バンドの交換手順が分かりにくい(^^;)。
    kisasa (07/28)
  • 『NREの駅弁は大抵まずい&高い=避けるべし』これは旅行の基礎知識?(笑)。
    FFF (02/29)
  • 『NREの駅弁は大抵まずい&高い=避けるべし』これは旅行の基礎知識?(笑)。
    玉社 (02/29)
  • 成人の日の前日の日曜日に会おうよCD先行販売会&公開生放送に行ってきた(^^)。
    FFF (01/13)
  • 成人の日の前日の日曜日に会おうよCD先行販売会&公開生放送に行ってきた(^^)。
    十六夜 (01/13)
  • 成人の日の前日の日曜日に会おうよCD先行販売会&公開生放送に行ってきた(^^)。
    FFF (01/12)
  • 成人の日の前日の日曜日に会おうよCD先行販売会&公開生放送に行ってきた(^^)。
    井上もやし (01/12)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
地震被災時の備えとして、最低限必要な非常食は?…でまとめてみた。
 私の住んでいる宮城県は、30年以内に99%の確率で巨大地震が発生すると予想されている。だから、県民みんなちゃんと非常食や非常用飲料水等を用意している・・・わけがない(笑)。

 この間の朝刊にその関係のアンケートの記事が載っていた。備えに感心がある世帯はさすがにそれなりに準備している人が多かったけど、感心がない世帯はまーったく準備していないそうだ。
 そりゃそうだ。私だって殆ど趣味で揃えているようなもんだし、もし富士山とかで使う予定とか無かったら、絶対に色々用意する事はなかったはずだ(笑)。所詮、人は目の前に脅威がなければ(見えなければ)、そんなもんだ。多分感心が無い(危機感が薄い)世帯は、前の宮城県沖地震を経験しなかった世代だろうね。
 
 が、備えておかなければいざという時、痛い目に遭うのは確実(まあ、死にはしないだろうけど、空腹でかなり辛い目に遭うと思う)。そこで、『極力お金や手間をかけずに、最低限揃えて安心な飲食関係の防災用品』というコンセプトでまとめてみた。つまり、これが有れば災害遭遇時にもご飯関係は安心という品ね。

 で、私がその線で最低限必要な非常食関係での防災用品だと思うのが・・・『食よりも火』だと思う。

 何故非常食ではなく火なのかというと・・・非常食の販売リンクをあれこれ張っておいてなんだけど、非常食って買いそろえるのがかなーり面倒だよね?(^^;)。ホームセンターでも防災の日近辺でもない限りまず売っていないし、そもそも結構高い。また、食品である以上どーしても賞味期限による更改が発生してしまう。しかも、家族が多ければ当然必要量が多くなり、経済的負担はかなりのものになってしまうだろう。備蓄量の推奨量は3日分だけど、一人暮らしでも9食分も必要になるわけだ。実際、そのアンケートでは13%以上の人が『家計上の理由により揃えていない』と回答している。

 そこで逆に考えてみた。『備えはしていなくても、その時有る物を調理すればなんとかなるんじゃないか?』と。つまり、家にある食い物で公的支援まで凌ぐという発想ね。
 ただし、当然生鮮食料品とかは保存できないから、米とか乾麺とか保存食になるわけだけど・・・ここで一つ問題が発生する。そう、ライフラインが止まってしまった場合、具体的には電気とガスが無いと調理のしようがなくなってしまう。生の米をかじるのは・・・・相当辛いと思う(笑)。
 そこで、『火=携帯用ガスコンロ』だけでも用意しておけば、かなり違ってくるんじゃないだろうか?。米とかなら大抵の家庭は数日持つ程度は有るだろうし(たまたま切らしていたらご愁傷様^^;)、芋とか野菜とかも熱を加えれば大抵食えるようになる(逆に言うと、大抵の食材は火がないと食えない)。まあ鍋釜は自分で発掘するか、創意工夫で(^^;)。
 また、スーパーやコンビニは、すぐに食えるパンやお菓子はあっという間になくなってしまうけど、火が必要になる米や乾麺(カップ麺はさすがにすぐに無くなるだろうから、うどんやスパゲッティとかね)類は、比較的売れ残ってくれて、入手しやすい事が期待できる。そうやって公的支援の始まる数日後まで保たせる・・・という発想ね。
 それに火さえ有れば、乳幼児のいる家庭ではミルク用のお湯も、お年寄りのいる家庭ではおかゆも簡単に作る事が可能になる。その気があればみんなを癒してくれるおやつだって簡単だ。また、公的支援が始まった後でも、支給品の冷えたおにぎりをうどんつゆと組み合わせて暖まる雑炊にしたりも出来る。

 というわけで、最低限の災害時の備えとして『火の物』=『携帯用ガスコンロ』の準備を私は勧める。これならガスコンロとカセットガスボンベ3本位の備蓄で済むし(ボンベ1本で1時間くらい使用可能)、更改は鍋物のシーズンの時に自然と進むはず。

 まあ、実際そーなってみないと、この考えが有効なのかどうかは判らないけどねー(^^;)。

 なお、用意するなら家庭用カセットガスボンベが使える携帯用コンロにするべき(携帯性考えないなら、普通に売っている家庭用カセットガスコンロでももちろんOKだけど、避難先とかに持っていく事になったら・・・ちょっと大変になる点も踏まえてね^^;)。
 ただし、ホームセンターのキャンプ用品コーナーとかで売っているのだと専用ボンベが必要になるタイプも多いので(当然、災害時はカセットガスボンベより入手困難になると予想できる)、買う時は注意が必要だ。

 あと当然水は必須だ。水の備蓄については過去の記事参照で→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=539
 コストパフォーマンスと、水の入れ替え等メンテナンスの手間な点から考えると、やはりポリタンク+メデタンカプセルがお勧めかな。水道水で7年保つのはかなりの利点だと思う。

 まあもちろん・・・ちゃんとした非常食&非常用飲料を備えておくのが一番なんだけどねー(^^;)。あくまでこれは『非常食を揃えるのがめんどくさい&大変な人向けの、最低限揃えておいて安心&手間がかからない食関係の非常用品』というコンセプトの上での話だ。本来はパンの缶詰やアルファ米等を備蓄する方がもちろんいい。被災初期はさすがに火を使っている余裕なんか無い可能性が高いしね。



(追記・そして東日本大震災で、実際に11日間ほどライフラインが止まってしまった。が・・・この備えのおかげで、無事に乗り切れた!(^^)。詳しくは備蓄の纏め記事で→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=1721



 今日のお昼は・・・・『日清Chin 屋台風ソース焼そば』、『オクラとめかぶのねばねばサラダ』、『バランスアップ メープル玄米ブラン』で600Kcalほど。
 焼そばは新製品。系統としては前のソース焼そばと全く同じであり、具が増えているのが違いかな。写真だと隠れまくっているけど(^^;)。味は前のと同じくソースが濃厚でバッチリ(^^)。

 本日の体重体組成・・・体重77.5キロ 体脂肪率24.2% 基礎代謝量1721Kcal BMI25.9 骨格筋率32.1% 内臓脂肪レベル10 体年齢44歳



   
イワタニ カセットフー エコジュニア CB-ECO-JR
イワタニ カセットフー 達人 CB-AP-14
イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
 普通のカセットガスコンロでもいいけど、備えておくつもりなら左のような小型のタイプが便利。専用のミニサイズボンベも販売されてるけど、通常サイズのカセットガスも使用することが出来るからだ。そして、より小型のコンロが欲しい場合は、アウトドア用品からになる。右側はいずれも市販のカセットガスボンベが使用できる小型アウトドア用コンロ。
 ・・・とか書いていたけど、震災を体験してからだと、別に普通サイズのガスコンロでも構わないんじゃね?と言う結論に(^^;)。だって避難所に持っていって、自分たちだけ使うとか出来ないでしょ?。大抵はライフラインが止まってしまった自宅で使用することになるはずだ。
 あと、カセットボンベは宅急便やゆうパックでは送付禁止品になってしまって送れない点に注意。つまり、いざとなっても送って貰うことは出来ないから、備蓄分しか頼れないということ。

  
【防災グッズ】缶の中にやわらかいパンが!賞味期限5年の非常食パン♪災害備蓄用缶入りパンプチ...
【防災グッズ】防災用品金平糖入りカンパン
【防災グッズ】冷めても美味しいわかめの旨み&白ごまの香り非常食 尾西のアルファ米スタンドパ...
 でも最低限、すぐに食べられる甘い物くらいは備えておくべき。被災初期では、のんびり調理してる暇なんか無いからだ。そして甘い物は疲れた心を癒してくれる。カンパンによく金平糖が入っているタイプがあるのは、そういう理由だからだ(水が無くても唾液を出しやすくする為というのもあるけど)。
 もちろん、更にアルファ米とか備蓄しておけば完璧なんだけどね(^^;)。震災の時は、私が富士登山とか用に趣味で買いそろえていたパンの缶詰やアルファ米等が大活躍した。また、避難所に避難した人によると、やはり初日は何も食べられず、二日目でやっと乾パンが何枚かという状態だったそうだ。つまり、やはり最低限は最初の2〜3日を自分で乗り切れるだけの量の非常食を用意しておくべきだと思う。

   
ナビスコ リッツ保存缶L 425g
ビスコ保存缶 クリームサンドビスケット
井村屋 えいようかん 5本
尾西食品(OnishiFoods) 白飯1食分 OH1
 菓子系の非常食缶の利点は、やはり賞味期限が来たらおいしく食べてしまえる点(笑)。子供もおいしく食べてくれるし。難点はもちろん、いつの間にか食ってしまう危険性(笑)。

   
 あれもこれもと揃えると、一気に高くなってしまうのが難点なんだよね(^^;)。基本は一ヶ月に1アイテムでもいいからコツコツと揃えていくこと。








コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ddrdiet.jugem.jp/trackback/650