DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    FFF (02/16)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    十六夜 (02/16)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (02/01)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    十六夜 (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (01/30)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
シーズン始まったら何で楽天イーグルスの応援歌変わったの?と、殆どの人は疑問に思うだろうな
(注意・あくまで私の勝手な想像の上での記事です)

 土曜日以降騒ぎになってる(まあ今は沈静化してるけど)楽天イーグルスの応援歌変更に関する騒ぎ、球団から新しいアナウンスがあって『楽天野球団と私設応援団の皆さまと繰り返し協議をさせていただいた結果、著作権の問題等を踏まえ、2019シーズンは応援歌を刷新させていただく運びとなりました。』とのことだ。

 これを聞いて私は・・・『ああ、やっぱりな』という感想だった。こういうのって大抵お金絡みな事が多い。そしてこの場合のお金は『応援歌を使用する際に発生する著作権料』ではないだろうか?。

 本来は応援歌には著作権料がかからない。が、最近利権ヤクザのカスラック(JASRAC)は収益が下がったから(そもそもこいつらが音楽を流す文化を壊滅させたために、収益が下がったのにな)、あちこちに金をせびるようになっている。代表的なものとしては、音楽教室への請求。その他にも著作権がない千年前の雅楽(ががく)の公演会に払えと言ったり、CGアニメのコンテストに『上映会なら曲が流れていただろうから、きっと使ったに違いない』と請求したり等やりたい放題。まさにヤクザ。こいつらが球場でさかんに流される応援歌に、目をつけないわけがない。

 で、去年楽天イーグルスの応援歌のCDが『発売』されたわけだが・・・ここで『営利目的で販売されている曲』を使用しているからと、著作権料を請求されたんじゃないだろうか?。

 いくら請求されるかは不明だけど、2万5千人の観客の前で10曲歌うと、約100万円を請求される(ご丁寧なことに、カスラックのHPで計算できる^^;)。TVやネットへの配信分も考えれば、当然それよりずっと多くの金額を請求されると考えられる。
 それが年125試合分。ルーキーから少し経って頭角を現してきた選手の、年俸くらい取られる計算になる。

 そして、自分の曲なら著作権料を分配金(一応カスラックは集まった金を分配もしている)で打ち消すことも出来るけど、楽天イーグルスの応援歌の著作権は球団側には無い。これを嫌って、それならいっそということでの刷新ではないだろうか?。と私は考えている。これなら嫌われ者のカスラックを悪者にするだけでいいし(笑)。

 で、そうすると解散する狗鷲団(応援団)は何で黙ってるの?という事だけど・・・多分そもそもCD出したのが、応援団側の要請でだったんじゃないだろうか?。目的はもちろん、応援歌を歌える人を増やし、応援を盛り上げるため。そのためか8月には1選手の曲だけが入ったCDを、ランダムで配布なんてやってたし。
 ところがそれが裏目に出てしまった。伝統ある応援歌を使用することができなくなってしまった。かといって経緯も発表できない・・・と、沈黙を守ることにしたのかもしれない?。これだと当初の説明『応援団と協議の結果・・・』と、今度の『著作権の関係で』とも矛盾しない。

 まあ炎上への危機管理的に見ても、現時点でのだんまりはそう悪い手では無い。下手に釈明すると、それをさらにつっついて炎上させようという、悪意ある部外者がやってきてしまうからだ。
 実際、一連の騒ぎの最中に楽天イーグルスの公式ツイッターアカウントが、文句を言ってきたユーザーをブロックしたという騒ぎが起きた。実際にはこれはその人の勘違いだったんだけど、楽天チャレンジとか言ってブロックさせようと公式アカウントにちょっかいを出すバカが湧いてきている。そういうやつは他に炎上案件が有ればそっちに移っていくので、多少イメージが悪くなるのを覚悟してでもツッコミどころを作らないのは一つの手だ。

 とりあえず、三木谷社長が事情を把握したみたいなので、事情説明等でしっかり動いてくれることを期待したい。続報を待つ。
 



 まあ3月に行われる侍ジャパン選抜試合に参加する田中和基に、応援歌が間に合ってよかったよ。
コメント
コメントする