DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    FFF (02/16)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    十六夜 (02/16)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (02/01)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    十六夜 (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (01/30)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
意外とプラモ狂四郎の世界からの派生かもしれない?
では今週もガンダムビルドダイバーズネタで。第5話「聖地・ペリシア」について。

 今週も良かった・・・(^^)。今回はガンプラ名人シャフリヤールの登場回で、ガンプラに対する思い入れたる『愛』を語らせ、主人公たちに諭すという展開がとてもいい(^^)。

 この、思いの強さ(愛)が強さにつながるってのは、ビルドファイターズの時はちゃんと出てたけど(特にフェリーニ回)、TRYでは殆ど顧みられなかった要素(せいぜい素組のシモンの時くらいか)。そしてこの作品ではとても重要な要素だと私は思う。元祖のガンプラビルダーズだって、ちゃんと自分で作らなくて負けたやつも居たし。

 また、今までのビルドファイターズ系歴代作品で、出来の差(クオリティ)が強さに反映される理由ってのが具体的には出てきてなかったけど、それが例えば武器の精度とかに範囲されるって設定、いいね!(^^)。当たり前だけど現実では銃身が歪んでいれば、弾はまともに飛んでいかない。またこれは、特に実体弾の際に、他の砲の反動でブレることまで計算したりしなければならないって事だろうな(クロムハウンズで機体を組む際は、そこも重要だった)。まあそこまで突き詰めると、とてもモビルスーツのデザインで収めることは出来ないけど(^^;)。また表面のバリ等の処理の差は、攻撃を受けた際の耐久度にも関わってくるんだろう。

 いやーそれにしても、モデラーが自分たちの作ったMSを見せ合うための都市とは素晴らしい(^^)。そして、100分の1旧キットガンダムの製作者のように、楽しみ方は人それぞれで一つじゃないって道が示されているのも素晴らしい(この製作者、ラルさんを思い出すなあ^^)。ガンプラは自由だ。

 あとセラヴィーガンダムシェヘラザードのギミックとして、プトレマイオスと合体という面白い方法が来てたわけだけど、これってつまり元のスケールが明らかに合って無くても、プラモの縮尺的に合ってればOKということになるわけだね。だとすると、いろいろ面白い事ができそうだな・・・。

 さて今週のコーラサワーは、道場で混じって修行してたね・・・しかも修行についてけ無い感じで(^^;)。これもしかして、主人公たちの後追いで強化されていくって感じだったり?。

 最後に次回予告で、とても気になるセリフを言ってるね・・・『実際にガンプラが動くバトル』ってのはやっぱビルドファイターズの世界と繋がってて、ビルドファイターズの未来の話的な感じになってたり?。
 もしかしたら、やはり作ったプラモがぶっ壊されるのは子どもたちの財布に厳しいということで、今のビルドダイバーズの世界になったとかかも?。
コメント
コメントする