DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    FFF (02/16)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    十六夜 (02/16)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (02/01)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    十六夜 (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (01/31)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    井上もやし (01/31)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (01/30)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
コーキング剤(シリコンボンド)で屋根の雨漏りの補修を行ってみた(DIYネタ)
 友人宅DIYネタシリーズ第3弾(だっけ?)。今日のお題は『雨漏り修理』だっ!(^^;)。



 友人宅は結構古い家のため、大雨の際にトイレの天井から雨漏りが起きるそうだ。それを何とかしたいという依頼。
 裏山に上がって天井の状態をチェックしてみると、材質としてはトタンを鱗状に重ねている感じになっている。スレートや瓦も基本的にそういう構造になっており、同じように大雨の際に逆流して漏ってくることがあるんだけど、友人宅の場合は屋根の角度が浅いから逆流しやすいんだと思う。更に。浅いから裏山から飛んできた杉の葉落ち葉が積もり、より逆流を起こしやすかったり浸透しやすかったりするような悪さをしてる模様。

 最初は波板状のポリカ板を打ち付ければいいかなーと思っていたんだけど、天井は意外と広く、そう単純には行かなさそう(この広さだと工務店に依頼するレベルだ)。また、トタン板自体は特に錆びて穴が空いていたりしてるわけじゃないので、これはそのまま生かしたいところ。

 そこでホームセンターで買ってきたのが『コーキング剤(シリコンボンドやシーリング材ともいう)』。これをトタン同士の合わせ目に充填し、隙間を塞いでしまおうという感じだ。

 ちなみにこの発想、漫画『宇宙兄弟』で、スポンジタイヤにコーキング剤で防水処理を行う場面を思い出して、思いついてたりして(笑)。アレに登場したのはタイルの水漏れ用シリコン補修剤だったけど、屋根を補修できるタイプがあるかもという見込みがあった。



 その見込みは大正解で、ホームセンターで見つけてきたのがこの『セメダイン 外壁・屋根用 油性コーキング材 ポリコーク 333ml SY-022』。まさにこの使い方にピッタリなコーキング剤だ(^^)。まあ色がグレーだからトタンの色と合わないけど、見えない裏側だからいいでしょ(^^;)。ちなみにカートリッジ型の333ミリのしか無かったけど、チューブタイプで500ミリとか700ミリとかあるみたい。

 さて、カートリッジ型の場合はこれを絞り出すための工具が必要になる。コーキングガンという道具で、これにカートリッジをセットして引き金を引くと、カートリッジの底が押されて先端からコーキング剤が出てくるという道具だ(当然予めカートリッジの先端を切っておかないと出ないので)。生クリーム絞り器に似てる?(^^;)。

 なお、500ミリと700ミリのタイプはチューブタイプなので、コーキングガンが不要だ。売ってなかったから仕方ないとはいえ、こっち使った方が手軽だったはず(^^;)。



 というわけで、これを使って合わせ目に充填していった。合わせ目に絞り出したあと、ヘラで押し込んでいく感じで。なお、作業は私は高い所が駄目なのと、屋根にかかる負担(体重^^;)を鑑み、友人が行った(笑)。

 そして1時間ほどで作業完了(^^)。24時間ほどで表面皮膜が硬化(内部は硬化せずに柔軟さを残す)する。実際に効果があるかどうかは次に大雨降ったときじゃないと確認出来ないけど、無事上手く行けばいいな(^^)。使用量だけど、この範囲で3本だった。


(追記・どうなったかというと・・・残念ながら多少の雨漏りが残ってしまい、もう一回更に広くかつ前に隙間が出来ていそうな所に塗って、やっと雨漏りを防ぐことが出来た)
 

   
セメダイン 外壁・屋根用 油性コーキング材 ポリコーク 333ml カートリッジ グレー SY-022
【 OWL / オウル 】 コーキングガン #910
セメダイン:ポリコークNEOパック500ML sy-057
セメダイン:ポリコークNEOパック700ML sy-058
 コーキングガンはホームセンターで買うと無茶苦茶安い。私が買ったDCMのは198円だった。後で使うことがほぼ無さそうなんだから、こういうのでいいよね。
 そして500ミリと700ミリはコーキングガンが要らないけど、使用したときに比べて一定量を塗布というのがしにくい・・・かも?。
コメント
コメントする