DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
フォクすけバナー
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ご来光が見れない富士登山なんて、5割は損した気分になるよね。
    FFF (09/05)
  • ご来光が見れない富士登山なんて、5割は損した気分になるよね。
    しば (09/05)
  • 青森県の大規模自転車道をサイクリング!(中編)
    FFF (08/28)
  • 青森県の大規模自転車道をサイクリング!(中編)
    たか (08/26)
  • 御殿場口富士登山(日帰り)・・・失敗(^^;)
    FFF (07/31)
  • 御殿場口富士登山(日帰り)・・・失敗(^^;)
    しば (07/31)
  • ホンダのシャトルについてる純正スピーカーは…音が悪いっ!(^^;)。
    FFF (05/18)
  • ホンダのシャトルについてる純正スピーカーは…音が悪いっ!(^^;)。
    イプサム乗り (05/18)
  • 『三幸製菓の柿の種(WUGキャンペーンバージョン)』(近所のスーパー 128円くらい?)
    FFF (04/17)
  • 『三幸製菓の柿の種(WUGキャンペーンバージョン)』(近所のスーパー 128円くらい?)
    オッチー (04/17)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
蔵王温泉露天風呂は一見(一浴?)の価値があったよ。
 では今日は、安部礼司山形蔵王温泉出張観覧のための小ドライブ旅行だ。7時半くらいに家を出て、車を飛ばしてまずは鳴子峡へ向かう。天気は雲が多めながら光も射し、まだ保ちそうだったんだけど・・・鳴子峡が激混みだった!(^^;)。まさに今週末が見頃で、明日が雨の予報となれば、今日は混むよねえ。結局スルーして道路沿いの紅葉した木々を見るだけで終わった(^^;)。



 そのせいで蕎麦を食べる予定だった尾花沢に少し早く着いてしまったので、当初予定していたお店より南の方(進行方向上)にあるお店を訪問。
 道路沿いにある『そばや匠』というお店で、どういうのを食べたのかは後日のネタにするとして、丁度地物の新蕎麦が入ったところで、やはり旬の蕎麦は美味かった(^^)。

 そのあとは道中100均に寄って今夜使う耳栓を買ったり(買い置きが切れてた)、プロノに寄って仕事で使うグローブ等を買い、会場の蔵王温泉へ。

 初めて蔵王温泉に来たけど、ずいぶん山の上にあるんだね。まさに秘湯で、よく西暦110年にこんな所を見つけたもんだ・・・というか,まだ日本は弥生時代じゃないか(^^;)。

 標高が高いのでこのへんもまさに紅葉が見頃になっており、温泉街は結構混んでいた。時間の余裕があまりないので、行こうと決めていた『大露天風呂』へ。



 ここは蔵王スキー場の隣に季節限定で開設される露天風呂で(冬季はやらない)、谷を流れる川沿いに野趣溢れる露天風呂が設置されているのだ。さっきも書いたとおり絶好の紅葉日よりだったので、左右に張り出した紅葉の木々の中という素晴らしいシチュエーションだった。なお、シャワー等の洗い場はなかった(^^;)。
 なお、出張できた大日本ジェネラルのみんなは、温泉はここに来たとか言ってたので・・・行き違いになったかも?(^^;)。まあ眼鏡無いと他の人分からないからなあ。

 そして入浴後は会場の蔵王体育館へ。2時間前だったけど、まあ当然近場の駐車場は満車。かなり上の方のスキー場ゲレンデ前に停めることになった。そもそも蔵王温泉自体が高低差がかなりあるので、帰り大変そうだな(^^;)。



 にしても・・・冬の雪でダメージを食らうせいか、それとも雪で被われて隠されてしまうからなのか、ゲレンデ前の建物が結構ボロボロだね(^^;)。

 そして坂を下って蔵王体育館前に到着。後編に続く。
 
イーグルスシート(中央)からの眺めはこんな感じ。
 月曜だけど、引き続きコボスタ観戦記録ネタで。

 今回私が取ったのは、一般販売で一番高い(この上に、プレミアチケットでいわゆるバックネット裏のプレステージシートとかVIPシートとかがある)【イーグルシート中央】。観戦記録後編は、このシートの紹介で。ちなみに場所は31列の86番だった。



 チケット予約サイトで見ると、このエリアはとても狭いように見えるけど、ちゃんと縦10列ほどある。ただしかなり急勾配で、膝が前の座席に座ってる人の肩あたりに来る(^^;)。ドリンクホルダーも下すぎて使いにくかった(もちろんSカンを使えるような所も無し)。そもそも席が狭い!。この席は、飲み食いしながらの観戦には向かないね。

 しかしさすがバックネット裏、しかも高い場所だったので眺めがとても良かった(^^)。




 
 見ての通り、シートの更にほぼ中央付近だったため、まるでTV中継で見たかのようなアングル。つーか、私の席のすぐ隣に中継用カメラが設置されていた。
 この高さのおかげでピッチャーの投球など試合の様子がバッチリ把握でき、試合に集中するためならとてもいい席だろう。まあ高いけどね(^^;)。
 
 また、階段を少し上がって上のコンコースに行くと・・・そこには『イーグルスビール』の売店が!(^^)。店も数件あってつまみなども購入出来るので、ビールメインならこの辺の席はお勧めだな(席が狭いという矛盾があるけど^^;)。

 ただ・・・試合に負けたのもあるけど、どうもこのエリアは応援が盛り上がらないという欠点があるなあ(^^;)。まあビジター側のファンもこの辺まで来るってのもあるけど、やはり客層が3塁側と違う。応援を楽しみたいなら、やはり3塁側だな。

 うむ、この席は観戦だけなら魅力的なんだけど、また取る事はなさそうだなー(^^;)。

まあそれでも、私の回りは結構応援が盛り上がり、とても楽しかった。7回の風船は、どうせ余らせても捨てるだけなので、回りに配って皆で飛ばしたりとかね(最後の白風船も配った・・・飛ばせなかったが^^;)。
 ただ、右隣の人が、『人のツバとか付いた風船が落ちてくるのか・・・』とか言っていた。うん、私もちょっとキツイなーと思う(笑)。まあ絶対にカップに飲み物が残っていたりする時には飛ばしたくないよね。
 ちなみに(全ての店ではなかったけど)風船は半額の100円になっていた。来年になったらゴムが劣化して危ないからとかで、売れないんだろうな(もしくは単純にロゴとかの関係?)。


2017年10月1日楽天イーグルスVS千葉ロッテマリーンズ観戦記録(前編)
 うおおおおおおおおおおお!(´;ω;`)。



 そりゃもう泣くしかありませんよ!。ついに飛ばすことが出来ると、2アウトから喜んで膨らませた白風船(勝利時に打ち上げる風船。私が観戦しに行った試合は、全て負けか引き分けなので、飛ばしたことが無い^^;)を、手の中で萎ませるこの虚しさといったら・・・。しかもそこで終わりではないわけで、9回裏に逆転サヨナラされるより辛いぞこれ!(^^;)。

 試合見てない人に説明すると、9回までは順調だったのよ。辛島も見事に1点に抑えたし、チーム一丸となって繋いで2点もぎ取って、あとはいつもどおりに松井裕樹が9回を抑えて勝利のはずだったのだ。それがまさかのセーブ失敗となり、そのまま敗戦。そして今日西武は勝ったので、これで差は3になってしまい・・・明日と明後日両方勝たないと、確実に2位無理だー!(^^;)。

 でもまあ、例え抑えられていたとしても2位は無理だと思う。ほんとみんな疲れてボロボロなのがわかったわ。特に開始前のストレッチとかの雰囲気が、5月はもちろん先月に比べて明らかに鈍かった。松井も初球からおかしかったし。
 そりゃ週一の休みで常に全力を出さないとなれば、どれだけ過酷なことか。私も今の時期は休みは週一だけど、当たり前だけど仕事に全力投球してヘロヘロになんて事はしない。CSなんて要らないから、早く皆を休ませてあげたい。とにかく残りの試合、怪我とかしないことを祈るばかりだ。

 さて前後するけど、今日の試合観戦記録おば。

 14時からの試合なので、それほど急がずに家を出発。11時ころに現地に到着し・・・駐車場難民になった(^^;)。裏路地のコインパークなら少し離れれば開いてるだろうとたかをくくっていたんだけど、やはり甘くてどこも空いていなかった。ああそうそう、日帰りなので今回は古川経由という手は使えなかった。デーゲームでも、車で直帰しても家に帰るのは20時過ぎてしまうし。
 結局停められたのは、新幹線高架を潜った先の連坊小路のコインパーク。ぶっちゃけ、仙台駅より遠かったかもしれない?(笑)。



 もちろん無策でそんな遠い所に置いたわけではない。積んでいた折りたたみ自転車を使って移動したのだ。おかげで10分程度の移動時間で済んだ。ただまあ、こうなるなら三陸道インターに近い卸町のコインパークを使ったほうが良かったな(^^;)。



 なぜなら、試合中の臨時駐輪場はコボスタの東側、相撲場がある辺りだったのだ。西の正門側から近づいたため、陸上競技場の敷地をぐるりと回り込むというロスが発生。ちなみにこの駐輪場は予約無しで利用できるためか、結構自転車で来てる人が居たよ。確かに混むシャトルバスとかよりいいかもしれない。

 それはまあさておき、昨日も書いたとおり今回は奮発してイーグルスシートだ。その辺のレポートとかは・・・後半に続く!(笑)。
 
消える魔球は夕方だと出やすい?
 ではコボスタ野球観戦記録後編。

 そして試合開始。9回に大声で声援を送ったというのは書いたとおり。このバーデッキ、前がひらけてるから、前の人を気にしないで大声で声援を送れるってのはかなりの利点かもしれない・・・恥ずかしくないし(笑)。タオルも掲げやすかった(となりのやつは、目玉クリップでカウンター部にとりつけてたが^^;)。

 ちなみに件のシート使って占領していた連中は、7回くらいには居なくなっていた。帰りの新幹線が気になる、関東の方からの遠征組?。その代わりどこかのおじさん達の一団がやってきて、この人達と一緒に応援するのが凄く楽しかった(^^)。オコエのホームランの時はハイタッチしたり、私の応援タオルを貸してあげたりとか。隣の人次第だけど、この『近さ』も立ち見席の魅力かもしれない。



 応援タオルといえば、せっかく手に入れたレアタオル『わしほー』がまだ一度も使えていないので、9回は『わしほーさせてくれ!』という意味で掲げていたよ(笑)。だから普通のタオルは余っていたので、おとなりさんに貸してあげたのだ。




 そして試合のほうは残念ながら負けとなったわけだけど、実はこの日(というかこの週末の試合)はこれで終わりではなかった。



 試合終了後、『選手応援花火ショー』というイベントが行われる日だったのだ(^^)。これはラッキーだ。
 ちなみに打ち上げ場所はすぐ隣の陸上競技場から。だからスタジアム内は席によっては全く見えないので、試合終了後はどこの席に移動してもOKという風になってるようだ(つまり全席自由席)。でもこの場所は丁度スタジアムの切れ間が有って開けてるので、そのままここで待機することに。始まるまでに、夕飯も済ませた。





 そして始まったのは、各選手をイメージした花火。試合でで選手登場の際にかかる曲とともに、花火が打ち上がる感じ。凝ってることにちゃんと背番号の花火まで上がっていた。ウィーラーの花火は派手でよかったなあ(^^)。
 最後にはいつもの応援歌を歌いながら花火が打ち上がり(背番号は数十人分上がったな)、風船を飛ばして終了。いやー楽しかった(^^)。2千円でこんだけ楽しめるなら、コストパフォーマンスは無茶苦茶高いな。まあさすがに足が疲れたけど(^^;)。

 なお、花火の写真も撮ったけど・・・見ての通りブレブレ(^^;)。デジカメの花火撮影モードを使い、なおかつ手ぶれ補正機能が付いてたとしても、手持ちだとどうしてもこうなるんだよね。花火大会があると知っていれば、ミニ三脚(フルサイズ三脚は持ち込み禁止)持ってきたのに(^^;)。





 そして花火が終了し、お土産を買って駅に向かったのだった。いやー楽しい一日だった(^^)。来年も是非またこの時期に来る事にしよう。

 最後に全くの余談。観戦中、夕方でスタンドの影がグラウンドに伸びてきて・・・丁度ピッチャーとバッターの間を二分するような感じで影がかかる時があった。


 
 この時、投球はどういう風に見えるんだろう?。影に入った瞬間グレーっぽい色になって、見えにくくなったりするんだろうか?。だとしたら、消える魔球ってこういうもののことを言ったり?(^^;)。
2017年8月26日コボスタ楽天VS日ハム観戦記録(前編)
 ではコボスタ野球観戦記録で。長いので2分割します。

 古川まではマイカーだったんだけど、到着が予想よりかかり(意外なほど道路工事があり、遅い車も多かった)、予定していた高速バスに乗り損ねてしまった。そこで急遽新幹線に変更。早く仙台に着いてしまったけど、その分早めに球場に入る事が出来た(駅から球場までは徒歩でのんびりと)。
 が、後から知ったんだけど・・・JRが運行している古川〜仙台間の高速バスだと、なんとゲーム開催日はコボスタまで走行する便があるんだと(最初調べたときは、宮城交通のバスしか調べなかったのだ)。それを使えばよかったな(^^;)。つまり古川に宿泊して野球観戦が、よりやりやすいということだな。ただしさすがに、帰りの便はコボスタ前からは出ない模様。





 そしてコボスタに到着したのは、まだスターティングメンバーが張り出されていない頃。でも入場開始までは、ゆっくり場内を散策することが出来た(^^)。イーグルスビールをカルビ串をつまみにゆっくり飲んだり、則本が投げてくるバッティングマシーンが置いてあるバッティングセンターを覗いたり、日ハムのグッズ売り場を見たり(ビジターチームもこういうブースが有るみたい。7回の風船も応援タオルもここで買える。ただしちょっと高い)
 なかには、業務用の巨大アイロンで、番号とかアルファベットとか色々用意されているワッペンを、ユニフォームに貼り付けてくれる店なんてのもあった。これはファンクラブ特典やブラックイーグルスデー等で貰える無地ユニフォームを、改造するためのお店なわけで・・・そう、WUGユニフォームを簡単に作れるじゃないか!(^^)。この店は是非覚えておこう(当然だけど、ゲーム開催日のみ営業)。



 そうそう、Asahiチャンピオンズバーデッキは、チケット発券機を使った場合、出てきた券を改めて発券所に持って行かないと、ドリンク引換券が貰えないので注意だ。ちなみにドリンク券は、どの店でも使える券だった(700円分まで無料)。

 そうこうするうちに開場時間となった。写真は土曜日のに載せたけど、やはり階段を登っていって目の間が開け、一面にスタジアムが飛び込んでくるのは、たまらない!(^^)。

 さて、今回のAsahiチャンピオンズバーデッキは、さすがに入場直後は誰も居なかった・・・とはならなかった(^^;)。



 なんと、場所取りが行われていたのだ。私より更に近いゲートから入って、真っ先に敷いていったらしい。これ、いいのかなあ?(^^;)。まあ私はそこを避けても最前列を確保できたから、特に気にしなかったけど。
 まあ、炎天下(乾いた爽やかな風が吹いてたので、それほど炎天下でははなかったけど)試合開始まで2時間待っている間、こいつらが来なかったのは、ちょっとムカついたけど(笑)。どこ行ってたんだろう?。
 あと立ち見席は、やはりここの他にあちこち有る模様。例えば真ん中を横切っている通路には、数カ所立ち見スペースが設けられていた。

 だからか、バーデッキはそんなに混まなかった。ただし、立ちっぱなしが辛いから座り込んでいる人が結構居たけど(^^;)。前回上からの写真にはそんなの写ってなかったので、その時次第なのかな。なんにしても、長時間立つことに自信がないなら、この席にするべきじゃないと思う(^^;)。
 また、デッキ最前列にずらりと人が並ぶと(せいぜい7〜8人くらいまで)・・・当然、後ろの人は背が高くない限り、全く見えない。モニターが設置されて見られるようになってるけど、その場合は他の立ち見スペースに行った方がいいと思う。



 また、この席は・・・西日が凄い(^^;)。クリップオン(眼鏡に直接取り付けるタイプ)の偏光グラスがとても役に立ったよ。

 さて後編は、楽しかった応援の詳細と試合後の花火大会等について。



 保冷カップホルダーは今回も大活躍(^^)。氷を多めに入れて貰ったレモンハイの氷が、かなり長時間溶けずに残ってくれた。



   
 保冷カップホルダーとは、コンビニのアイスコーヒーなどを「カップに入ったまま」セットするホルダー。ちゃんと真空断熱構造になっており、直接注ぐタンブラー程ではないけど、長時間温くならない優れものなのだ(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3959)。夏場の野球観戦のマストアイテムだと思う。
 クリップオングラスは、普段眼鏡をかけてる人にはとても便利なアイテム。ただし付けるときちょっとコツがいるので、予め取り付けを試しておこう。
Asahi CHAMPIONS BAR デッキってどんな感じかというと(画像あり)
 この間ちょっと書いた通り、今週末再びコボスタに樂天の試合を観戦しに行く予定。前に親と観戦にとか書いたけど、親の都合が付かないため今回は一人だ(友人も休みの都合が付かない)。

 ただし、もう有給が無いので土日しか行けない(^^;)。なおかつ、最近チームの調子が落ちているとはいえ、観戦チケットは大人気。ファンクラブ早期購入が始まった直後ですら、ろくな席が残ってなかった。列の真ん中は嫌だなあ(^^;)。
 
 そこで購入したのが、『Asahi CHAMPIONS BAR デッキ』というチケット。

 一言で言うと立ち見席。Asahi CHAMPIONS BARのドリンク引換券が付いてくるので、仕事帰りのサラリーマンが寄って、一杯飲みながら観戦というコンセプトの席だと思う。だから結構安い(週末でも二千円)。3〜4時間の立ちっぱなしは私は全く問題ないけど、まあ子供連れには向いてない席だな(ちなみにコボスタは折り畳み椅子等は持ち込み禁止)

 ただ、チケット購入時、この席がどういう場所にあるのかイマイチ分かりにくくて困った(^^;)。画像検索しても、どう見ても違う席(デッキチェアとテーブルとか)とかしか出てこないし・・・この席を紹介する動画は、バーの前で騒ぐだけで終わってて、何の紹介にもなってなかったし(^^;)。なお、『Asahi CHAMPIONS BAR リビング』とは別物なので注意。リビングの方は椅子もテーブルも有る席だけど、団体専用席だ。

 しかし、6月末に観戦に行った際に撮った写真に、バーデッキが写っていた!(^^)。というか、すげえ近くだった(^^;)。



 見ての通り、照明灯を回り込む様な感じで立ち見デッキが設けられており、テーブルやカウンターなども配置されている。まさに飲みながら見るための席だ。なお、この席の前の方に入れなかった人は見られないのかというと、鉄塔に中継のモニターが複数配置されており、それを見ながら観戦が可能。ちなみにAsahi CHAMPIONS BAR リビングも写り込んでいる(画像右側)。
 というか、別にこのデッキ以外行けないというわけではない。さすがに他の観戦エリアに入るのは御法度だけど、探せば幾らでも観戦を楽しめる場所はあるはず。例えば犬鷲酒場だと、座って酒を飲みながらモニター観戦が出来る。工夫次第で色々楽しめそうなチケットかもしれない?。
 まあさすがに、弁当とかここで立ち食いは出来ないなあ(^^;)。食べるにしても、ドック系の軽食になるだろう。ビールはすぐ足下に店があるので問題なし(笑)。



 ちなみに、席(場所)を取っておく事が可能なのかどうかは・・・画像を見ての通りタオルを置いてる人がいるようだけど、まああんまり期待出来なさそう(^^;)。



 終盤になるとこれくらい混むようになっており、この状態だとトイレ行ってる間も気が気ではないな(^^;)。まあすぐ下のチャンピオンズバーにも立ち飲みテーブルあるし(球場三食のコボスタ回で、主人公と老人が昔について語りながら飲んでいた場所)、みっともなく1カ所に固執するつもりはないけどね。

 まあとにかく、2回目でもとても楽しみだ(^^)。色々楽しむことにしよう。
 
(追記・そして観戦記録。やはり立ちっぱなしはキツかった(^^;)。足腰が丈夫な人以外は、この席は使わない方がいいと思う。→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=4039


 
 これは、コンビニのアイスコーヒーなどを「カップに入ったまま」セットするホルダー。ちゃんと真空断熱構造になっており、直接注ぐタンブラー程ではないけど、長時間温くならない優れものなのだ(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3959)。本来は車で使用するものなんだけど、コボスタには持ち込みOKだった。夏場の野球観戦のマストアイテムだと思う。
メイドカフェクルーズ抜きで秋葉原直行もっと出したほうがよくね?
 ではコミケ3日目。男祭りの日。今回は気合いを入れて5時前にホテルを出た結果・・・早すぎてりんかい線の始発の大幅前になってしまった(^^;)。というか、りんかい線の始発ってこんなに遅かったっけ?。5時40分台なんだよね。
 だから有り余る時間を生かし、当初の大井町乗り換えから大崎始発乗車に変更。悠々と座っていくことができた(^^)。またそのおかげで、10時半には会場入りすることが出来た。
 ちなみに天気は、待機中は雲がやや浮かんでいるけど、直射日光は当たる時間はそんなに長くないといった感じ。まあこういう場合結構紫外線は通ってくるので、日焼け止め塗り忘れてたから結構焼けたけど(^^;)。気温も昨日も涼しかった影響で、そんなに暑くなかった(夜気温が下がらないと、翌日の日中がヤバくなるわけで)。まあ東北だと未だに夏が来てないので(梅雨明けたと発表されたけど、絶対に開けてねえ^^;)、やっと夏らしさを体験出来たかな。

 そしていつも通り、会場内には2時間ほど滞在しただけで撤収。大体これ位で混雑に嫌気が差してくる&腹が減り始めるから。壁じゃない大手は大体これ位で無くなり始めるからね。
 ちなみにチェックしたサークルは、いつも8割程度しか回れていない。絶対に寄るところというのはあるけど、通路の混雑で接近できないといった場合、無理せずにスルーしたりしているからだ。次のコミケで買えることも多いから、次回に期待といった感じ。

 あとは早めの撤収を生かして、いつも通り水上バスで会場を後に。そーいや普通の水上バスの他に、なんかメイド喫茶になってる水上バスがあった(^^;)。
 ピンクのパネルが貼り付けられ、中にはメイドさんがたくさん乗船。どうやら企画モノで、秋葉原直行らしい・・・え?秋葉原の船着き場に着くの?(^^;)。
 
 後から調べたら、どうやらマジで秋葉原に直行できるようだ。船着き場といえば万世橋に謎の船着き場があるけど、そっちじゃなくてもう少し東側の和泉橋のたもとにある、防災船着き場に到着するようだ。こいつは便利・・・なのかなあ?(笑)。ちなみに防災船着き場は、イベント船なら発着OKみたい。
 まあ1600円という値段はさておき(ワンドリンク付きでメイドさんの接客つき)、乗るならメイドはいらん(^^;)。普段の水上バスでは見られない、珍しいコースの風景に集中したい。

 ちなみに帰りの船は、2階席のサイドにオープンデッキが追加されているタイプだった。やはり直接風に吹かれ、ガラス越しではない風景を見られるほうが楽しいな(^^)。








ストリートビューでドライブの下見ってのは有効っぽい?
 では富士登山旅行一日目。今日は移動とついでに色々やる日だ。
 
 朝5時に家を出発。三陸道にのり、そのまま常磐道に乗って南下。原発事故による帰還困難区域の田畑はもう原型をとどめていない感じだったけど、その前後は多少マシという感じか。まあ運転中にそんなよそ見してられないけどね(^^;)。
 そして首都高の渋滞を避けて、予定通り常磐道から圏央道へ。この常磐道から東北道の区間が・・・曲者だった(^^;)。一車線が基本なために、物流のトラックがノロノロと・・・一応追い越し車線があるんだけど、これがほぼトラップで、追い越そうとすると逆に危ないという(^^;)。とっとと2車線化を望む。まあ一回走れば、次は大丈夫だと思うけどね。

 まあそれでもなんとか、予定にそれほど遅れずに河口湖町に到着。やはり渋滞を避けられるこのルートは、富士登山等の際に有効なようだ。これならその日のうちに登山開始というプランも可能だな(さすがに御殿場口は無理だけど)。

 そしてまず吉田のうどんでお昼。ここで・・・事前にチェックしていた店が、カーナビで出てこないというハプニングが(^^;)。なんでも少し前に改装してたそうだから、その時の休店情報とかが影響したかな。
 が・・・代わりにチェックした店に向かう途中。近道になりそうな道を通ったら、そこはなんか見覚えがある道だった。そのまま記憶どおりに走ったら・・・なんと事前チェックしてた店へたどり着いてしまった(^^;)。どうやらグーグルストリートビューで下見していた記憶が効いたようだ。イメージの記憶って大事なんだなあ。

 それはさておき、今日のメインは富士急ハイランドだ。艦これコラボイベントで『瑞雲』が展示されているのを見たかったのだ。

 瑞雲は正面ゲートのすぐ前においてある。ぶっちゃけ入場券を買わなくても、遠目で見ることも可能(笑)。が、作りがかなり細かいので、ここは是非近くで見てみるべきだろう。なお入場券は艦これコラボイベントでカードがついてくるバージョンも有り(私は北上さんのカードが付いてきた)。











 いやー、お台場ガンダムほどじゃないけど、よく作ったなー(^^;)。細部の注意書き等、とても良く出来てる。

 そしてその後は足柄SAに一般道側から寄って買い物などをし、ホテルに入ったのだった。
コボスタのバイパーリビングシート(4)はこんな感じ
 野球観戦ネタのラストは、その他のネタで。

>>バイパーリビングシート4の画像はこんな感じ



 今回私達が取ったバイパーリビングシートの4人がけは、場所としては『R』の字が入っているスタンドの左上の部分あたりになる。更に細かくいうと、バイパーリビングシートでは前から2列めの通路側、画像の矢印の所になる。

 実はこの席、球場三食でも登場した照明塔のせいで、見切れが起きるのではという心配があったんだよね。実際に座ったことがある人の口コミを見ると、そんなのがあったのだ。だからこそ、このシートには各席に中継が見られるTVが設置してある。



 しかし幸いなことに、私達の場所は大丈夫だった(^^)。見ての通り照明塔はほぼ被らなかった。そして、高い場所に有るから見晴らしがとてもいい(^^)。





 シートも広々。クッションが効いているので、普通のベンチ席より座りやすいな。足元も当然広い。
 なんといっても、そんなに大きくないけどテーブルがあるのがとても便利(^^)。ここにつまみや弁当を広げて、マイペースでちびちび飲む、家飲みしながら見ているかのような感じで観戦でき、楽しさ度はとても高い(^^)。
 応援団席の近くだから応援もしやすいし、アサヒビールのバー(エクストラコールドとか売ってる)もすぐ近くだし、これはかなりいいわ(^^)。

 ただし・・・もちろん問題点もある(^^;)。

 まあ当然だけど、グラウンドが一望できるけど、選手もそれにともなって小さく・・・(^^;)。まあTVがあるから、他の席よりマシだけどね。
 そして、高い位置にあるから結構階段を登ることになる。私達は問題なかったけど、年寄りには辛い席になるだろうなあ(^^;)。少なくとも、9月に両親と見に来る際には、ここにするわけにはいかないなー。
 あとやはり、照明灯が被らないのはリビング4の前の方だけだね。

 余談だけど、この中継が見られるTVは場内あちこちに設置されており、コンコースの居酒屋風の所(犬鷲酒場だったかな)にも多数設置してあった。居酒屋の席に座って飲みながら観戦、こういうスタイルもあるのって面白いねえ。

>>カップ生ビール用タンブラーはやはり有効



 カップで販売されている生ビールをカップごと保冷してくれるタンブラーを用意(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3959)してい行ったわけだけど、期待通りとても有効だったよ(^^)。
 まあそんなに暑くなかったというのもあるだろうけど、ちゃんと最後まで冷えててくれた。サイズも球場内で使われているカップにピッタリだった。また、タンブラーのほうがカップより安定性が良かったというのも大きいな。これからもこれを持っていくことにしよう(^^)。


わしほーの使い方を知らずにタオルを買っていた私(^^;)。
 では楽天VSオリックスナイター(6月26日)観戦記録本編。



 まあ試合内容についてはニュースで報道されたとおり。9回まで2点差で負けていたわけよ。更に三好やウィーラーやアマダーのあと少しでホームランの連発、相手の好守備でホームが取れなかった聖澤、そして肝心な所で打ってくれない枡田など(^^;)、結構あきらめ気味だった。





 しかし9回2アウトからが素晴らしかった!(>▽<)。諦めずに振り逃げで1点をもぎ取った藤田一也!。そして代打で出てきた松井稼頭央!。背番号はWUGと同じく7!。7の奇跡を見せてくれと祈りながら声援を送り・・・・見事にやってくれたよおおおお!(^^)。ここはマジで号泣しそうになった(^^;)。
 当然みんな総立ちで大声援。いやーほんと球場で応援って超最高だな!(^^)。

 まあそこから引き分けで終わってしまったわけだけどね(^^;)。これだけ盛り上がる試合だったら、勝っても負けてもいい試合だったと言うところだけど・・・やっぱせっかく見に行った試合だから、勝ってほしかったなあ(^^;)。

 なお、私は去年から楽天ファンになったにわか(つーか、実質ニコ動で見るようになった今年から^^;)なので、松井稼頭央がショートをやるという事の凄さが、最初よくわからなかった(^^;)。
 が、スマホで流していたニコニコのコメントが非常に盛り上がっていることを知り、更にトイレ行っていた友人にそのことを伝えたらかなり驚いたので、やっと理解したのだった(^^;)。



 ああそうそうニコニコといえば、スマホとキーボードを持ち込んでニコニコでコメントしつつ観戦という計画は・・・まあ当たり前だけど観戦に集中できないから、コメント投稿は諦めて視聴のみにした(^^;)。
 しかしこれが結構便利だった。どうしても少し遅れてしまうんだけど(下手すれば数十秒位)、リプレイとして色々確認するのに、とても便利だったのだ。シートにはTVがついてるんだけど、あんまりリプレイやってくれなかったのだ(^^;)。
 なお、格安SIMを刺したスマホだったけど(OCNモバイルONE)、特に問題なく表示できたよ。たださすがにかなりのデータ量になるので、一日使い放題とかを使わないと駄目だけどね。



 そして試合は残念ながら引き分け。今年も白風船を飛ばすことができなかったよ(^^;)。ただ今年は9月に両親と再び見に行く予定なので、その時こそ飛ばせればいいなあ。

 というわけで、今年もとても楽しい観戦になった(^^)。まあ去年のボロ負けからは確実に進歩している。来年はきっと大丈夫だろう(^^)。

 終わった後は・・・ギリギリの試合だったのでお客さんも殆ど帰っておらず(平日でも2万7千人位入ったみたい)、タクシーもバスも瀑混み(^^;)。まあ腹ごなしにと、また歩いてホテルに戻ったのだった。

 野球観戦ネタは、あと1回シート等おまけネタで書きます。