DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2020年3月2日 アニメ雑感想
    FFF (03/08)
  • 2020年3月2日 アニメ雑感想
    名無し (03/07)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    FFF (01/13)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    十六夜 (01/12)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    FFF (01/08)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    十六夜 (01/08)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    FFF (02/16)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    十六夜 (02/16)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (02/01)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
今シーズン最後のスノーシュー・・・失敗!^^;
 今日は天気が良さそうだったので、スノーシューに行くことに。今シーズン最後のスノーシューだ。よって行き先はつぶ沼キャンプ場。今年は雪が少ないから、この時期ならかなり少なくて楽に行ける・・・と思ったんだけど(^^;)。



 国道のどん詰まりまで行くと、さすがに雪が少ない。つーか、温かい(^^;)。



 そしてトンネルを抜けると・・・うん、雪が少ない(^^;)。一昨日少し降ったみたいだけど、もうかなり少なくなっているのがわかる。道路も予想通りスノーシューが要らないほど少なくなっているけど、一応一番小さいのを持ってきたので装着して歩きはじめる。





 天気は薄曇りといったところ。雪はたまに多めに残っているところがあり、スノーシューは持ってきてよかったな。でも雪質はベタベタの上にゆるゆる(^^;)。最近冷え込みがなかったからだけど、結構沈み込む。中くらいのスノーシューを持ってくるべきだったかな・・・。

 あと進んでいくと全く雪のない区間もあり、そこは脱がないとならなくてちょっとめんどくさかった。まあ当たり前だけど雪がないほうが歩きやすいけどね。だから、なるべく雪のない端のほうを歩いていった。



 ところが・・・再びスノーシューを装着しようとした時に、固定バックルが無くなってることに気がついた!(・・;)。どうやら外して歩いてる最中に滑り落ちたようだ。もちろんこれがないと装着できない=それ以上進めない。
 慌てて戻って・・・200メートルほど戻って発見(^^;)。この留め具、こんなにゆるゆるだったのか・・・普段はつけたら戻るまで外さないから、気が付かなかった点だな。



 気を取り直して再び前進。が、今度は・・・雪が深い!(^^;)。さすが奥地というべきか、雪不足の今年でも結構な雪が残っていた。
 そしてそこの雪も・・・ゆるゆる(^^;)。ズボズボめり込む上に、実は均一になってるように見えて内部は密度が均一ではないので、意外と滑る。Sサイズのスノーシューで来て失敗だー!(^^;)。つーかこれ、Mサイズでも厳しいんんじゃないかな。Lを持ってくるべきだったなあ。

 うん、無理だ(^^;)。というわけで、途中で撤収となったのだった。雪が少なくてもいいというわけではない見本だったなあ(^^;)。
やっと!パウダースノーでスノーシュー!(^^)。
 今日は祝日なので、スノーシューだっ!(^^)。やっと土曜日曜とかなり降ったので、満足できる積雪量になっているはず。今日は天気がいい予報で、しかも気温も低いので溶けていないはず。ただし、今週中盤からいきなり気温が上がるため、絶好のコンディションは今日限りだろうなあ(^^;)。



 というわけで、道中も早めに雪が積もっており、やっと冬らしい景色に(^^)。そしてもちろん奥地もちゃんとした雪景色だ。この数日冷え込んだおかげで、やっと奥州湖の湖面も部分的に凍結していた。
 でも絶好のコンディションなせいで・・・奥にはかなりの車が(^^;)。私が着いたときには丁度スノーモービルの人たちも来ていた。みんな待ってたんだなあ。



 多少締まっているとはいえほぼ新雪なので、Lサイズのスノーシューを履いてスノーシュートレッキングスタート。雪質は・・・期待したとおりサラサラだー(^^)。雪がまとわりつくこと無く、サクサクと踏みしめられる。これだけでもすげえ楽しい(^^)。
 さて、今回も中沼登山口コース。既にクロスカントリースキーの轍ができており、その上を歩くと楽なのでサクサクと登っていく。更に途中からスノーモービルが追い越していってくれて、そうするとその跡はすげえ登りやすくなるので、そこを登っていく。



 元工事用道路と登山口に向かう道路の分岐点では、スノーモービルは工事用道路のほうに進んでいたので(そのまま進んで回り込んで国道に戻り、更に県境辺りまで行くみたい)、そのまま辿っていってみる。元が大型ダンプ用の道路なので、勾配が一定で歩きやすい(^^)。



 そして、工事中は事務所だったらしいプレハブに到着。切りが良いのでここで引き返した。帰りはずっと行なのでらくらく(^^)。



 で、そのまま来た道を引き返しても良かったんだけど、せっかく待ちに待った&多分今シーズン最後のパウダースノーなので、尿前沢沿いの方を通って戻ることに。
 この間は少雪のため道の上に雪がなかったけど、今回はしっかりと積もっており。もちろん誰も通ってないバージンスノーを堪能(^^)。今日が風もなく穏やかで、本当に良かった。



 そしてスノーシュー終了。おそらく次に来れるのはシーズン終了の締めの、つぶ沼往復になるだろうなあ。
 
大寒の真っ最中だというのにベタベタ雪とは(^^;)。
 今日は胆沢ダム方面にスノーシューに行って・・・毎回同じこと言ってるけど、雪がなかった!(^^;)。



 ダムから見える景色もこのとおり・・・つーか、ダムの堤体上も全く雪が乗ってない。



 そして奥地もこの有様・・・雪の降り始めの頃かよ(^^;)。



 それでもまあ、昨夜から10センチくらい降ってくれたのと、一応残っていた雪のおかげで、スノーシュー自体は何とかなった。まあ昨日から少し降るという予報だったから今日行ったとも言える。もはや雪が降ってそれが溶けないうちに行くのを狙うしかない(^^;)。



 でもやはり既に地面が見えてる所がちらほら(^^;)。日当たりがいい場所というわけでもないのに、雪解け水のせいで溶けて通れないため、コースの変更を余儀なくされたり。



 更に、なんと『ふきのとう』が出ていた!(笑)。おいおいまだ2月になった直後、大寒の真っ最中だぞ(^^;)。一応湧き水のせいか雪がなくなってた場所の光景とはいえ、周辺は当然まだ雪原。今年の暖かさを象徴するような光景だ・・・。

 そして適当にな所で引き返してスノーシュー終了。ただ後半は、只でさえ昨夜の雪がベタベタだった上に今日も気温がプラスだったため、すげえ足にまとわりついて大変だった(^^;)。

 うーん、一応来週中盤にやっと寒気が来るみたいだけど、今年はあと何回出来ることやら・・・。あと今年は山菜の出も早そうだな。
雪がない胆沢ダムでスノーシュートレッキング
 正月三が日三日目は特にすることがないので、スノーシューへ。まあ例年通り。ちなみに丁度一年前は、カメラを現地に落としたと勘違いして、えらいことになった(笑)。

 さて今日は胆沢ダムコースを選択。でも行く道中、やはり雪が少なかった(^^;)。年始に降ったから4号線より西側はそれなりに雪景色だったけど、それなかったら全く雪がなかっただろう。



 だから、トイレを借りるためにダム管理棟に寄ったけど、やはり全く雪がない(^^;)。

 奥地に到着すると、休日だけど車は2台しか止まっておらず、スノーモービルも来ていなかった。多分やっと開業したスキー場で遊ぶのが優先なんだろう。

 さて、どっちのコースを行くか迷ったけど、今回は397号線を石淵ダム広場までのコースを選択。



 トンネルを抜けると・・・やはり雪があまり無い(^^;)。年始に降った分50センチ位かなあ?。





 しかし、降ったばかりの雪なので、パウダースノーじゃないけどふかふかで楽しい(^^)。これを見越してLサイズのスノーシューにしたので、存分に歩くことが出来た(^^)。また風もほとんどなく、時折雲間から日がさしたり等、天候的にも良い日和だった。

 ただ・・・雪がなさすぎて、こんな奥地でも道路がむき出しになるほど溶けてしまった区間があった。更に年始の降雪も風で吹っ飛んだみたいで、道路を横断したいのにほんの少ししか雪が乗っておらず、スノーシューの爪が痛むのを気にして、渡れなかった場面があった(^^;)。





 それでもなんとか石渕広場まで到着。湖は全然氷結する気配もなく、上流の方も雪があまり無い。まあダム自体はかなり水位があるけど、他の地域は今年は水不足が大変なことになりそうだな・・・。
 
今年マジで雪がない!(^^;)。
では今日は真湯キャンプ場で軽く焚き火・・・のネタは後日に置いておいて、今日のメインは今季初のスノーシューだ(^^)。

 今年は雪がないと言ってたけど、行く道中も殆どなかった。むしろ、前半3分の1までの辺りのほうが道路ツルツルでずっと危なかったくらい。そこから先は道路も乾いて快適に飛ばせた。

 そして真湯の奥地は・・・やはり雪がなかった(^^;)。一応一昨日から降った雪が若干積もっていたけど、多分その前は地面むき出しの所結構有ったんじゃないかな?。そのせいか、昨日スノーモービルが来たけど出来なかった(封鎖区間に侵入できなかった)つぽい形跡があった(^^;)。



 しかしスノーシューなら問題ない。ゲート脇をくぐってスノーシュー開始だ。





 さすがに冬季閉鎖区間はしっかり雪が残っていた。しかも気温が高かったせいで雪がしっかりしまっており、とても歩きやすい(^^)。更に今日も気温が高めで風もなく、絶好のスノーシュー日和だ(^^)。



 そして楽につづら折り頂上まで到達。シーズン最初の調整なので、ここまでだ。今年新しくした汎用トレッキングシューズ(富士登山以外で使用する靴)もいい塩梅。
 
冬季閉鎖中のキャンプ場にスノーシュートレッキング後編
 では日曜日に行ったつぶ沼キャンプ場までのスノーシュー後編。



 雪に覆われたつぶ沼は静かだった・・・去年同様途中からスノーモービルのわだちはあったけど、そのわだちは昨日付けられたものだった(溶け具合でわかる)。今日はこっちのほうに誰も来ていない。この雪景色も独り占め(^^)。



 さすがに1メートルほど積もっているけど、屋根に乗っていた雪は明らかに去年より少なかった。





 つぶ沼キャンプ場の方も散策。つぶ沼は氷結して雪の下。一面の雪原がとても綺麗だ(^^)。 キャンプ場の炊事場や東屋も雪の下。





 そしていつも休憩に使ってる建物の影で、お湯沸かし道具一式を取り出してカップ麺の湯沸かし。このバーナーは前にも1回使った事が有る、キャプテンスタッグのバーナーのパチモン。BRSの超小型のやつは、一度熱暴走してからあんまり常用したくなくて(^^;)。こっちは安定して使用出来たけど、ちょっとサイズが大きめかな。やかんには丁度いいサイズだけど、ラーメンクッカーに使うならすこしでかい(炎がはみ出しそう)。もう少し小さいバーナーを検討しておきたいところ。





 食べたあとは帰路についた。遠く栗駒山が完全に真っ白になって光っている。帰りまでずっと快晴で、最高のスノーシュー日和だった(^^)。3月は忙しいから、ちょっと早いけど今シーズンはこれで終了かな。

 あと昨日来た人と同様、私も帰路は緩み始めた雪ですこし足が沈んだり(^^;)。



つぶ沼キャンプ場までスノーシュートレッキング前編
 今日は先週に引き続きスノーシュー。またかと言われそうだけど、絶好の晴天となれば行くしか無い(^^;)。3月は色々行事があるし、今年からデイキャンプもやりたいし(^^;)。

 まあ先週行ってみたら、つぶ沼までの397号線の雪が想像以上にしっかりと締まっており、今週一週間は更に雪が降ったりもしなかったので、つぶ沼まで行けそうという判断で。今年は立春以降かなり暖かいので、早めに行かないと雪が無くなってしまうという危惧もある。



 ただし今日は気温もプラスで風も無い穏やかな予報だけど、だからこそ表面が緩みやすい(歩きにくくなる)リスクがあるので、早めに出発。10時過ぎには石淵トンネルを抜けてスタートすることが出来た。



 雪質は期待通りしっかりとしまっており、殆ど足が沈み込まない(^^)。念のためMサイズのスノーシューを履いてきたけど、Sサイズのでもよかったかな。



 予報通り絶好の快晴のなか進んでいく。道路の左右の山の木々は、もうすっかり下の部分の周辺が雪解けして穴が空いた状態、『根開き』になっており、春が間近に来ていることを告げている。先週は同じ所歩いてまだ冬の気配が濃厚だったのに、えらい違いだ。



 ちなみに道路上の雪原には、おそらく昨日来たと思われる人の足跡が、ずっとつぶ沼まで続いていた(つぶ沼から先は足跡は397号線の方向に行ってたけど)。スノーシューとか履いてない、長靴かトレッキングシューズと思われる只の靴の足跡・・・どこかで足がめり込むかもしれないのに、よく行ったもんだ(^^;)。ずいぶん小さい靴跡だったけど、女性か子供だったんだろうか?。

 というか、そんな対策一切てない足装備で何故こんな奥まで来る用事が?(^^;)。あ、でも先週来た時・・・10時半くらいなのに、奥から戻ってきたショートスキーの人が居たんだよね。午後から降る予報とはいえ、ずいぶん早いなと思ったのよ。そして、中沼登山道入口の看板がある、国道から登山道が分岐するところ(スノーシューとかスノーモービルの出発点のところ)の道端に、花と飲み物が供えてあるのを発見し、何だろうと思ったんだよね・・・昔誰かが遭難して亡くなって、それの何回忌とかでお参りに現地まで来たとか?。
 ちなみに足跡は、行きはかなり雪が締まってたときだったのかごくわずかな沈み込みだったけど、帰りは結構沈み込んでいた(^^;)。これは帰り疲れただろうに・・・小さいのでいいからスノーシュー携帯しとけばよかったのに。



 素晴らしい青空と、その青さを反射して同じく青い奥州湖を眺めながら約1時間、つぶ沼キャンプ場に到着。後編へ続く。



今年のウィンタースポーツシーズン終了までカウントダウン・・・
 今日は2週間ぶりのスノーシュー。行ったのは胆沢ダムだけど、午後から風が強くなって雪が降る予報だったので、短めに歩いてきた。


 
 ここ来たのは3週間ぶりだけど、さすが立春を過ぎて雪がぐんと減っているのがわかる。除雪された道路の左右にある雪の壁の高さも低くなっており、道路も前はカチコチに凍結していたのに今はだいぶ溶けてアスファルトが見える。やはり日差しが強くなってきたからだろうなあ。





 まあそもそも、やはり今年は暖冬気味だというのが、湖の氷結状態でわかる。去年は全面氷結寸前だったのに、今年は殆ど氷結していない。まあ一応雪はたっぷり降ってるから、春先は水不足にならないと思うけど。





 さて、今回はトンネルを抜けた先の石淵ダム広場までの往復コース。このコースでは石淵ダム広場から奥州湖を一望できるけど、やはり全く氷は浮かんでいなかった。去年の模様(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=4219)と比べてみると、暖かいのが一目瞭然(というか、去年が寒すぎたんだったかな)。



 その暖かさの影響はしっかりと路面上の雪にも反映されていて、かなり固く締まっていた。Lサイズのスノーシューを履いてきたけど、Mサイズでも全然余裕。ここも日差しの強さで全体的に溶けて締まってきてる感じが有り、これは3月の早い内につぶ沼まで行けそう。まあ天気が良くないと無理だけど。

 今年は3月の下旬になればもうスノーシュー行けなさそうだなあ。まあその分12月中旬からできたから、シーズンが短くなったというわけじゃないけどね。それに3月下旬になればデイキャンプくらいは出来るようになるだろうし。
今シーズン3回目の冬の真湯キャンプ場をスノートレッキング
 今週末もスノーシュー・・・いや、来週は別の用事で行けないし、今週末は土日で休みだからどこか出かけないのも勿体なくて(^^;)。曇りだけど風が弱くて気温も高めになる予報だったというのも大きい。





 コースだけど、当初は真湯の猿跳古道(昔、須川温泉行きのバスが通っていた道)を辿ろうかと思っていたけど、現地に来たら・・・予想以上の大雪(^^;)。木曜辺りから雪だったからなあ。除雪の雪が積み重なるからってのもあるけど、最奥は車の屋根を遙かに超える積雪になっていた。

 こうなると実は不便になる。除雪で道路との境目が一直線に切り立ち、上がるのも降りるのも大変になるのだ。猿跳古道は最後国道に降りるので、この段差だとちょっと危ないので今回はパス。

 つーか、閉鎖されてる国道の方もこれでは行けやしない(^^;)。しょうがないので再び真湯キャンプ場へ。



 ここも雪原に登るときちょっと苦労したけど、登ってみるとこの間より遙かに積もっており、いい眺めに(^^)。そして・・・



 積もったばかりなのですげえ足が沈む(笑)。Lサイズのスノーシューだというのに、一歩毎に30センチ位沈み込むのだ。また雪質も、量は多いけど湿った雪で重かった。やはりパウダースノーは先週で終わりかな。

 でもこのふかふか具合は、いかにも雪原を歩いてるという感じなので好きだ(^^)。ボスボスボスとめり込ませつつ汗だくになりながら進んでいく(笑)。







 今シーズン3回目の真湯キャンプ場は、この間と違って完全に雪に埋もれていた。ウッドデッキもそこだけ少し盛り上がっている感じになってるだけで、完全に雪の下。



 そして雪が乗ったブナの大木がとても綺麗だ・・・キャンプ場会場まであと2ヶ月半くらい。早くキャンプがしたいもんだ。
やはりスノーシューはパウダースノーでやるのが一番^^
 本日は天気が良かったので当然スノーシュー。今日は胆沢ダム奥コースだ。今回はしっかりとベルト穴にカメラケースのフックをひっかけて出発(^^;)。



 2週間前は今年は暖冬で雪が少なさそうと書いたけど、幸いにも先週から一昨日あたりにかけて大量に降ったので、例年通りの積雪に(^^)。そして気温も低いままだったので(といっても、雪に覆われているので意外と低くはならない)、雪も乾いてサラサラでベストコンディションだった(^^)。また風も強くなく、曇ったり晴れたりといった天気。雪は全く降ってこなかった。



 そんな好条件を反映して、雪道が始まる路肩にはかなりの数の車が停まっていた。そしてスノーモービルの跡も何台も通った感じに。とりあえずはこの圧雪の上を歩いたけど、雪が乾いてるせいもあってとても楽に進めた(^^)。





 スノーモービルの跡はつぶ沼方面に分岐していったので、そこからは誰も歩いていない林道をぐるっと巡るコースだ。ふかふかの雪を存分に堪能(^^)。



 また今回は、尿前沢という胆沢ダムに流れ込む川のほうに降りてみた。もちろんそこに至る道路を通ってね。





 水辺ギリギリまで茸のように乗った雪が美しい(^^)。そして水も雪解け水なのでとても綺麗だ。

 そんな感じで二時間ほど散歩。次はどこのコースに行こうかな・・・。