DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
フォクすけバナー
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 御殿場口富士登山(日帰り)・・・失敗(^^;)
    FFF (07/31)
  • 御殿場口富士登山(日帰り)・・・失敗(^^;)
    しば (07/31)
  • ホンダのシャトルについてる純正スピーカーは…音が悪いっ!(^^;)。
    FFF (05/18)
  • ホンダのシャトルについてる純正スピーカーは…音が悪いっ!(^^;)。
    イプサム乗り (05/18)
  • 『三幸製菓の柿の種(WUGキャンペーンバージョン)』(近所のスーパー 128円くらい?)
    FFF (04/17)
  • 『三幸製菓の柿の種(WUGキャンペーンバージョン)』(近所のスーパー 128円くらい?)
    オッチー (04/17)
  • 韓国大統領退陣デモのニュースがしつこい(うるさい、うざい、うんざり、どうでもいい等々)
    FFF (11/29)
  • 韓国大統領退陣デモのニュースがしつこい(うるさい、うざい、うんざり、どうでもいい等々)
    名無し (11/29)
  • 11Strapsの時計バンドの交換手順が分かりにくい(^^;)。
    FFF (07/29)
  • 11Strapsの時計バンドの交換手順が分かりにくい(^^;)。
    kisasa (07/28)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
ケンウッドのカーナビのシリアル確認方法→設定からバージョン確認でOK。
 新車にカーナビ(ケンウッドのMDV-L402)を移したわけだけど、当たり前だけど地図データは前の車購入に合わせて買ったときのまま。2014年のデータなので、ちょっと古くて困る。
 例えば常磐道の仙台以南の区間が全線開通前のデータだったため、、一昨年の東京の友人宅行きで常磐道を行った際は、いわきを過ぎてからナビを設定する羽目になった。

 まあ古くても何とかならないことはないけど、震災後沿岸部の道路は結構頻繁に変わっており、三陸道も着々と地元へ延伸中だ。やはり地図は最新データが欲しい。なんといっても、せっかくの新車なんだから、ナビを買い換えないならデータくらい新しくしたいわけで(^^;)。

 幸いケンウッドのカーナビは、ちゃんと地図のアップデートを有償で受けられる。前のホンダの純正(ギャザス)なんて数年ですぐに打ち切られたのとは、えらい違いだ(^^;)。

 アップデート方法だけど・・・とその前に、アップデートはカーナビのシリアルが必要になる。保証書に書いてあるんだけど、無くしてても大丈夫。タイトルに書いたとおり、設定画面からバージョンを選ぶと、バージョンと共にシリアルも表示されるから。

 さて話を戻して、アップデート方法は詳細はメーカーサイトに丸投げするけど、アップデートの入ったSDカードを購入するのと、DLで購入の2種類がある。
 このうち最もお得なのはDL購入。年3,600円で年二回の更新を受けられる。逆に、SDカード購入はどれもこれも高くてかなり損だ(^^;)。アップデートはその時のバージョン1回限りなのに、高いやつは1枚(1回)2万とかするんだよ?(^^;)。

 というわけで『KENWOOD MapFan Club』に入会して準備完了。用意するのは更新用SDカードにする、8GB以上の容量のSDカードだけだ。このSDカードはナビでフォーマットするのでデータは消えてしまうので、使い回しに注意。あ、DLデータが大きめなので(約4.5G)、光回線環境も必要になるかな。

 あとはデータをDLしてSDカードに格納。更新作業自体は簡単で、車に持って行きSDカードを差し込めば、更新が始まる。ただし地図更新の場合は20分ほどかかるので、その間エンジンを切れないけどね。

 そして無事に更新完了(^^)。やはりこのカーナビ買って良かったな。
 
VANTRUEというメーカーの『VANTRUE X1』というドライブレコーダーに変えたぞ
 実は12月にドライブレコーダーに寿命が来ていることに気がついた際に、すぐに新しいのを注文していた。でも交換をぐずぐずしていたら・・・そう、追突事故(^^;)。あの時の画像は、古いレコーダーで撮ったモノだ。まあさすがに代車に付けてられないのでそのまま延期され、この度やっと新車に取り付けることが出来た。

 前のドラレコのメーカーはもう出していないので、新しく選んだのはVANTRUEというメーカーの『VANTRUE X1』という機種。選んだ基準は、1万円前後台のドラレコのなかで一番良さそうだったから。
 この1万円という金額は、まともなドラレコかどうかの基準ラインといってもいい。このランク以上のだと、まず粗悪品には当たらないからね。

 話を戻して、このVANTRUE X1は1200万画素のフルHDという充分すぎる画素数と、170度という広角レンズがポイント。当然動画は高画質で、どういう感じなのか知りたい人は、型番でググれば動画がゴロゴロ出てくるからそちら参照で(手抜き^^;)。もちろん相手車のナンバーの読み取りも容易だ。前のドラレコと比べても、かなり進化しているのが分かる。





 届いた本体はかなり小さかった(比較用のSDカード参照。ちなみに使用するのはマイクロSD)。言語もマニュアルも日本語対応なので、セットアップを進めていく・・・あ、その前に、長期放置していたので充電しないと、設定操作の途中で電池が切れてしまって困ったよ(^^;)。付属のケーブルを使って充電。



 設置は簡単。本体が小さいので、ルームミラーで死角になる所に設置完了。そういえばこのドラレコ、設置用の吸盤に、電源供給用のミニUSBを挿す所が有ったのが、地味に驚いた。つまりケーブルをこれに挿すことにより、吸盤経由でレコーダーに給電されるのだ。今まで本体右側から伸びる(大抵のドラレコは左ハンドル用に作られている)ケーブルが邪魔だったのが、これで少しだけスッキリするわけだ。

 そしてエンジンをかけると、普通に起動して録画開始だ。本体が小型なおかげか、ボールジョイントで固定されているだけなので、カメラの傾き等アングルを簡単に修正できたのが、密かに嬉しいポイントだったな。

 あとは毎日問題なく動いてくれている。また事故画像を載せることがなければいいなあ(^^;)。

 ちなみに32GBで5時間半程録画出来るそうだ。高画質で撮れるようになるぶん、データ量が多くなるから短くなるんだよね。、遠出の映像を記録しておきたい場合は、予備のSDカードとか持って行って交換した方がいいなー。 


   
ドライブレコーダー VANTRUE X1 ドラレコ 1080P フル HD 1200万画素 駐車監視 ドライブ レコーダー HDR 2.7インチLCD 170度広視野角 常時録画 動体検知 G-センサー 駐車モード 暗視機能搭載
ドライブレコーダー VANTRUE X2 2.5K 駐車監視 タイムラプス機能 1440P+HDR スーパーHD 2.7インチLCDドラレコ 1600万画素 170度超広視野角 大口径F/1.8レンズ HDR G―センサー 超強暗視機能 駐車モード
VANTRUE ドライブレコーダー専用 電源ケーブル USB電源直結コード 降圧ライン 12V対応 5V輸出 R2 /N1 /N2 / X1/ X2対応
Samsung microSDHCカード 32GB EVO+ Class10 UHS-I対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度20MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC32GA/ECO
 X1の他にX2等色々出ているみたいだけど、一番不良の口コミが少ないのがX1だったりする。それも選んだ理由の一つ。
ホンダのシャトルが納車されたぞ!(2回目!(笑))
 一昨日、職場帰りにホンダに寄って・・・やっとシャトルを受領したぞ!(^^)。いやー事故から約2ヶ月半、長かった。

(1回目はこちら(笑)→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3254

 というわけで今回も、新車の写真をご覧下さい(^^)。まあ雨だったしもう暗くなっていたので、ホンダの店頭で撮った写真になるけど(^^;)。







 今度の色はミッドナイトブルービームメタリック。まあ夕方になると、ほぼ黒だ(^^;)。日中は暗めの紺といった感じ。太陽の光が当たったときのみ、この塗装の特徴であるキラキラまぶしたような反射が見られる。

 取り付けた外装オプションは、ライセンスフレーム、フロントグリル、ロアスカート、ドアミラーガーニッシュ、フロントバンパーガーニッシュ、ドアロアガーニッシュ、リアバンパーガーニッシュ、マッドガード、ドアプロテクションカバー、フロントフェンダーガーニッシュといったところ、この他にフォグライト(イエロー)が移設されている。

 前との相違点としては、まずロアスカートを付けていない。でもこれはやはり、無くても全く問題なかった(^^;)。あとドアハンドルプロテクションを、フィルムからメッキのカバーに変えたんだけど、以外とこのカバーは目立つ感じじゃなかった。それと、ドアミラーの下につけたフェンダーガーニッシュは・・・うん、ハイブリッドの文字が無いのは多分激レアだな(笑)。このパーツ、ハイブリッドのエンブレムがあってこその品だから(^^;)。

 あとはまあ前の通りだ。今回は前回の微妙な不満点も改善できたし、更に満足だな(^^)。

 そして・・・今度こそ10年は乗らないと!(^^;)。こんな速いペースで買い換えだなんて、滅多に無いとディーラーの人に言われたよ(笑)。

 あ、内装系は全く変わらないので(強いて上げれば、荷室の内張を付けずにノーマルにしてる程度)、取り上げません(^^;)。カーナビも同じだし。ただ、室内灯がLEDになってたな。微妙なマイナーチェンジってやっぱあるんだな。


MP3内蔵カセットテープアダプターがもう無いので代用な感じで
 この間友人に、目覚まし用のアニソン入りカセットテープを作ってあげたわけだけど、出来上がってみると・・・ノーマルかつ技術退化したテープ(今はハイポジが販売されて無いうえに、昔のような特殊コーティングとか色々な音質向上技術も使われていない)では、驚くほどの音質劣化がみられたというのは、前に書いたとおり(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3850)。まあトランスミッターよりは劣化しないけど、やはりガッカリ音質気味。それにそのうち、テープが伸びてくるだろうからねー(^^;)。

 そこで次の策として考えていた、シガーソケットで動くMP3プレイヤー(トランスミッター無し)と、カセットアダプターを組み合わせる方法をやってみることに。カセットテープアダプターとMP3プレイヤーで再生した場合、意外なほど高音質で聴けるのは前に確認済みだ(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3519





 購入したのはミラリードのMP3プレーヤー(AUX出力) GA14-02(リモコン付属)。特徴はこのタイプにしては珍しい、出力がAUXのみでトランスミッターが無いという点。今回の用途にまさにおあつらえ向き。まあスマホや普通のMP3プレイヤーをアダプターに繋いでもいいかもしれないが、いちいち繋いだり充電する手間が無いのは大きい。
 使用可能なメディアはUSB、SD、MicroSDだけど、今回は余っていた2GBのUSBメモリが3本あったので、それを使用。さすがに多少の年代分けやジャンル分けはしたいからね。もちろんフォルダ管理も出来るけど、曲の更新とかする際にはこの方が便利なはずだ。
 ちなみに口コミによると、再生途中で電源(エンジン)を切った場合、次はその曲の頭から再生になるそうだ(だから安部礼司のような長いファイルには向かないかな)。



 あとは接続・・・といっても簡単なモノだ。本体をシガーに差して、カセットテープアダプターをカセットデッキへ。アダプターから伸びているオーディオケーブルを本体右のAUX出力に差し込めば完了だ。

 そして再生・・・うん、前にアダプターを使ったとき同様、以外といい音質で聴ける(^^)。そしてもちろんカセットテープとは比較にならない程の曲を聴けるわけで、入れてよかった(^^)。


   
事故車から部品を外して新車に流用するのは得になるかというと?
 実はまだ新車が来ていない(^^;)。いや、予定通り先月下旬にはディーラーに到着していたようだ。

 が、まず先週末(2日)は、移設したフォグライトの配線が足りなくて、それを注文して遅れると言われ・・・そして今週末は、これまた移設したカーナビのフィルムアンテナが断線してて、注文して遅れると言われてしまった!(笑)。ちなみにフィルムアンテナは新品が必要だったため、アマゾンで買って持ち込んだ品だった。一気に付けてチェックしてくれれば良かったのになあ(^^;)。まあその分の部品代はサービスしてくるそうだから、文句は言えないけどね。

 つーか、結局この【廃車にする車と同じのを買って、使えるパーツを移植して出来るだけ安くする】という手は・・・ほぼ失敗だったと言っていいと思う(いやまあ、だから同じのに買い換えたというわけじゃないんだけどね^^;)。

 結局移設できたのは、カーナビとフォグライトとスピーカー位しか無かった(ETCはパッケージにセットされてたので移設不要)。そして・・・結局それらの取り外し費用と、新車への移設費用がそれなりにかかってしまったのだ(^^;)。カーナビはともかく、フォグとスピーカーは新品で買ってもよかったなあ(^^;)。特にフォグランプ。
 修理工場で外して貰う際には、同時にスタッドレスタイヤをノーマルに戻すのもやって貰ったんだけど、それ込みで工賃は計三万円。しかしフロントを外す作業等一番工賃がかかったのは、フォグ関連なのは間違いないだろう。

 というわけで、せっかくの新車なんだから、ケチらずに新しいパーツを取り付けましょーという結論(笑)。

 で、結局納車は明後日12日の予定。12日は大安らしいので(11日は仏滅)。仕事が終わってから帰りに寄る予定なんだけど・・・その日の予報は雨(;;)。果たして綺麗なうちに、写真を撮ることが出来るだろうか?!(笑)。つーか、ディーラー受領(して出発)前に、撮ってしまうかー?(^^;)。

 あと細かい心配点として、最初のほうで書いたカーナビのフィルムアンテナの破損、これがフィルムじゃなくて、ナビ側の故障だったという可能性だなあ。SSDだから衝突の衝撃にはかなり強いだろうと、ろくにチェックしないで(もちろん衝突直後は動いていたことは確認済み)流用したけど、大丈夫かどうか(^^;)。まあラジオは全く聞かないし、ワンセグも殆ど見なかったからいいけどね。
 
過失ゼロ追突事故新車乗り換えの収支報告?
 カーネクストから、廃車買い取りとなったシャトルの振り込みが入った。心配していた減額は無く、ちゃんと15万(^^)。まあ増額も無かったけど(笑)。いや、手元にあってもしょうがないからと、外した純正パーツを何点かつけておいたんだけどねー(^^;)。

 そして東京海上から、廃車の分の保証金も振り込まれている。これは前にも説明したとおり、修理金額の見積額が上限となる。これは最初の見積もりより少し色を付けて貰えて140万。

 そして更に、私が入ってるチューリッヒより、搭乗者傷害保険というのが降りてきた。これは5日以上の通院で降りてくる保険金で(保険の等級には影響しない)、5万円程だけどありがたい(^^)。

 この他に、首のむち打ち治療のお金が入ってくる予定だけど・・・これは治療が終わって完全に終了し、示談にサインしないと降りてこないお金。まあ大した金額じゃないはずなので、今回は無視。

 というわけで、合計160万を手にすることが出来た。それに対して、買い換えたシャトルは今回も安いGグレードとはいえ、オプションを付けまくったり移設料が結構かかったりして、210万。

 つまり50万円の手出しとなった!(^^;)。過失一切無しの追突だからといって新車に出来るわけではないとはいえ(その辺の解説は前の記事参照→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=3833)、すげえ納得いかねえ(^^;)。

 なお、やはりこの分を加害者側に請求したかったとしても、保険会社は関与しないそうだ・・・直接交渉は嫌だなあ(^^;)。

 まあ買って一年半乗った分の原価償却分と考えるか。最初の10ヶ月は通勤距離が長かった関係で、既に3万キロ越してたんだし。タールピッチまみれになったりとかもしたし(^^;)。
 それに・・・ブログのネタにしそびれていたんだけど、去年の12月に洗車したら、なんか塗装の表面が『ザラザラ』になってたんだよね。ヤスリのようなザラザラじゃなくて、スマホの表面みたいな手触りといったらいいか。
 しかもこれ、全面がこうなったかと思いきや・・・後部ハッチの中央だけ前の通りの手触りなんだよね。これは、何か微妙に腐食する液体を正面から被った?(^^;)。どっかの工事車両が液体をこぼした→雨で薄くのばされて、跳ね上がりでまんべんなく付着・・・とかありそう。塗装し直しとかコーティングとかしなきゃならないかなーとか、思っていた所だったのだ。

 というわけで、この問題をクリアできてなおかつイマイチ不満だった色も変わって、なにより新車になるんだから、まあこれ位の出費はいいことにしよう(^^;)。
カーネクスト等の事故車買い取り査定で減額とかあるのかなあ?(^^;)。
 シャトル追突され事故顛末続報。

 追突されたシャトルは、残念ながら廃車となったわけだけど、実は一つ勘違いをしていた。それは、『廃車の手続きは損害保険会社の方でやってくれない』ということ(^^;)。

 だって修理に関しての連絡を保険会社で行うなら、その延長で廃車もやるもんだと思わない?(^^;)。まあせめて、廃車の意向を伝えた際に、廃車の場合は自分で手続きすることになります・・・と言って欲しかった。委任状とかの書類が来るのを無駄に待ってたぞ。

 さてそうすると廃車なんて・・・やったことねーぞ(^^;)。が、修理工場のほうでやってくれるとのこと。しかも無料で!(^^)。手数料等で数万の費用を覚悟していたので、これは結構嬉しい。

 じゃあ全部任せて・・・・・となるまえに、ちょっと待った!(笑)。

 記憶の片隅に、どっかで事故車買い取りというのを聞いたことがある(多分震災後、津波を被った車を買い取るとかいうの看板を見たんだと思う)。まだ新車も同然なんだし、もしかしたら売れるんじゃね?。

 というわけでググってみると・・・買い取り業者あったー!(^^)。ちゃんと事故車も買い取ると書いてる業者があちこちにある。見積もりもしてくれるようだ。つーか、どこもとりあえず見積もり依頼をしてからになるようだ。
 さて、どこの業者を選ぶか・・・複数の業者に一括して見積もり依頼というサービスもあったけど、ここは1業者決め打ちで行ってみることにした。何故なら、見積もり依頼後は当然業者から、状態の詳細等についての問い合わせの電話が来るわけで、何回も同じ説明をするのがめんどくさいからだ(^^;)。

 選んだのは、実際に見積もり比較をやった人のブログ等数件をを参考に、『カーネクスト』という所を選択。

 で、翌日すぐにに連絡が来て(最初携帯にSMSで来た)、まずは見積もりとなる。電話で登録年度や走行距離、損害状況や車の色等細かく伝える。この際、手元に車検証と走行距離のメモ等が有った方がいい。
 なおこの際、当然外してしまった装備品などが有った場合は、正直に言わないとならない。ここで重大な申告漏れがあったりすると・・・やっぱり減額とかされるんだよなあ?(^^;)。そのへん、口コミググっても見つからなかったんだけどね。中古車買い取りはアフィリエイト紹介料が高いので、ググると多数ヒットするけど役に立つ情報(=実際に売ったことがある人の情報)が少ないのが困る。売れたとか言う人も、値段書いてないのばかりだし・・・本当に売ったのか?と、問いたい(笑)。

 それはさておき、状態を伝えると少ししてから見積もりの電話が帰ってきた。買い取り金額は・・・『15万』!!!(・・;)。

 おおおおお!(・・;)。無料で手放すところだったのに、この臨時収入は非常にありがたいぞ!(^^)。

 早速買い取りを依頼する。なおこの契約は電話で口頭での契約になるそうだ。そのため、電話を切った瞬間から、キャンセルの際にはレッカーのキャンセル料がかかる(3万円)とも言われた。まあその辺は当然だよね。一度値段を提示すると、それならうちでもっと高く買い取るとか言い出す所が、出る事も有るだろうし。

 いやー少しでも買い換えのたしになってよかったよかった(^^)。でもこういう買い取り業が成立するってことは、修理工場での無料引き取りも、ちゃんと利益を出す事が出来るからこそなんだろうなあ(^^;)。ボランティアじゃ無いんだから当然だけどね。

 そしてレッカーで引き取りに来るそうで、それが明日10日の予定。で、ここで心配になってくるのがタイトルにも書いたけど、『不備があったら見積もりから減額されるのか?』という点なんだよね(^^;)。まあその辺は取引が完了したらまたブログに書く予定。
むち打ち症になったら枕は低いのを選んだ方がいいらしい?(接骨院の先生談)
 本日のネタは追突事故続報で。

 まずは車両のほう。本日、保険会社のほうから借りていた代車の期限が切れたので、今度はディーラー(ホンダ)のほうの代車に切り替え。結局、保険会社からレンタカーを借りれた期間は、私の場合は廃車の査定が来てから2週間、計4週間となった。

 で、今度ホンダから借りれたのは初代フィット。1ヶ月も貸すことになるから古いのでと言われていた。実際、横に謎の並んだ傷(巨大なフォークが突き刺さったような、等間隔の傷が4つついてた)の補修痕があったり、走行距離が19万キロとかだったけど・・・すげえ乗りやすかった(^^)。さすがちゃんと整備されているのか、走行感覚にも全く異常が無かったし、イストとはえらい違いだ(^^;)。
 乗ってる人が居たら悪いけど、イストってほんと乗りにくかった・・・何でこんなに乗りにくいのかと思っていたら、実は3ナンバー車だったことに、この間初めて気がついたし(正確には、途中からサイズアップして3ナンバー化したらしい?)。そのため、特に駐車場等での取り回しが悪かった。そのくせ、3ナンバーの厚みがあるのは窓より下の部分だけで、上の部分は殆どコンパクトカー並の広さで、全く広く感じなかった(^^;)。トランクもかなり狭かったし。

 あと廃車する先代から、スピーカー等流用できるものを色々取り外し。サマータイヤもってって、スタッドレスタイヤと履き替えし、スタッドレスタイヤを回収。サマータイヤ2個あってもしょうがないからね(^^;)。
 ただしこの際、サマータイヤに使っていた純正ナットを持って行くのを忘れてしまったため、アルミホイールを使っているスタッドレスタイヤのナットが、残ることになってしまった(^^;)。回収するものを色々チェックしていたけど、ここは盲点だったなあ。

 そして回収したものをそのままホンダへ持ち込み。これで新車の準備は整った・・・はず。

 次に身体のほう。軽いむち打ち症と診断され、いつも痛風で通っている外科に通っていたけど・・・外科だと電気を軽くかけておしまいなんだよね。どうも早く治る気が全くしない(^^;)。

 そこで、接骨院に切り替え。気仙沼で古くからやっていて、私も腰を痛めた際にお世話になった接骨院なんだけど、さすがしっかりと揉みほぐしたり矯正してくれたりして、明らかに良くなった(^^)。やはりむち打ち症は接骨院だな。よし、暫くは接骨院通いをしよう。

 余談だけど、接骨院の先生から、枕はどういうのを使っているか?と聞かれた。なんでもむち打ちの際は、なるべく低い枕(もしくはまくら無し)のほうがいいそうだ。・・・あー首のカーブをきちんとさせたいからと、高くて固くて首筋がカーブしてる奴を、新しく買ってきて使ってたわ(^^;)。

 最後に金銭面・・・というか手続き面。廃車の書類(多分委任状とか書いて送らないとならないんだと思う)がこねえ(^^;)。これ、もしかして示談にサインしないと、廃車の手続きも進まないとか?。3月中に終わらないと・・・翌年度の自動車税が発生してしまうじゃないかー!(^^;)。あとで問い合わせないと。
 つーか、廃車の手続きは自分でやった方がいいのかな?。
カーナビなどの移設の際には、結構な移設料がかかるので注意
 本日・・・シャトルの2回目の契約完了(^^;)。いや、保険会社からの振り込みはまだ先だけど、それを待っていたのではいつまで経っても車が手に入らなくなってしまうからだ。だから支払いは貯金から。ちゃんと貯金しておいてよかった(^^;)。

 とりあえず2回目なので、1回目の時のように細かいところは書かないけど、色はシルバーからミッドナイトブルービームメタリックに変更。
 いや、前回色を決める際に悩んだと期同様、レッド(プレミアムクリスタルレッドメタリック)もかなり捨てがたかったのよ(^^;)。前回のようにお客さんの家に行くことも有るから、赤は派手すぎてまずいといった縛りも無くなったし。また、シルバーだと道路と同化して目立たないという危険があったけど、赤なら超目立つ。
 でも赤は・・・トラブルとか背負い込みそう(^^;)。なんか煽られたりとかされそう(特に遠出時に)。今度の事故は別に煽られたりといった事が原因ではないけど、まあとにかくイメージで赤は避けることになった。かといって白は嫌だし、2種類用意されている黒も嫌だし、消去法でミッドナイトブルービームメタリックになった。この色でも目立つはずだけど・・・ラインナップにオレンジがあればなあ(^^;)。

 そして今回もオプションてんこ盛り(笑)。事故った際の査定に、そういうのが殆ど反映されない(つまりノーマルな車両本体価格で計算される)としてもだ!(^^;)。今度こそ10年乗るつもりなので、そういう所で妥協したくない。
 よって今回も、ガーニッシュ類をベタベタと貼り付けた(笑)。しかも前より多く!(^^;)。ドア部は車体がダーク系なら、前のプロテクションフィルムよりメタルパーツのカバーの方が映える。ミラーの斜め下に貼り付けるフロントフェンダーガーニッシュは、他に付けてる人が殆ど居ないのであえて付けた(^^;)。もう殆ど事故防止の反射板のノリで付けている(笑)。
 また、前回付けてみたら失敗したと思った、リヤのロアスカートは当然除外。あとカーゴのラゲッジマットも、実物がガッカリだったので除外。

 あと前の車から使えるモノを移設。といってもガーニッシュ類等引っぺがせないパーツが多かったので、フロアマットとハイケルビンバルブとフォグ程度。あとカーナビはもちろん移設。接続パーツ類はそのまんま流用できるのは良かった。
 ただ・・・移設費用がしっかり取られた(^^;)。まあその辺は、オプション5万円分まで無料キャンペーンを先取りで適用してくれたので、大分相殺されたけどね。

 その他細かいところでは・・・今回は希望ナンバーはやらなかった。前回はエアウェイブのナンバーを引き継ぎたくてやったけど、もう縁起が悪い感じになってしまったので、引き継ぎたくないから(笑)。

 そして納車は3月下旬。長いなあ(^^;)。
 







 3Dビューで作成した、2代目シャトルの外見。
事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
 では追突事故顛末、買い換えの方向にするとしても、一つ問題がある・・・というところから。

 それは、今乗っている代車の問題。まだ東京日動に確認してないんだけど、実はこういう時の代車って修理なら2週間程度、買い換えでも1ヶ月くらいしか借りられないんだと(ググって調べた)。

 そして、実は買い換えるなら全く同じシャトルのGにするつもりだったり。雪道走行で意外なほど効いて便利な横滑り防止機能とか、一度使うと普通のキーはめんどくさくてもう使えないスマートキーシステムとかあるけど、一番の理由はやっぱ衝突時安全性能だな。今回軽いむち打ち程度で済んだのは、色々な安全性能のおかげだ。選ぶなら次も同じで。
 なお、密かに賠償金とかで予算が増えたら、ハイブリッドモデルも狙えるかなー?、とか考えていたのは内緒だ(笑)。

 あと、安部礼司リスナーなんだから、飯野平太&サトミ結婚記念で【ノート e-POWER】とか買わないの?とか突っ込まれそうだけど・・・あの車、後部トランクが小さいんだよね。コンパクトカーなんだから当然なんだけど、あれでは折り畳み自転車が積めない。かといって常に後部シートを倒して荷室にするというのも嫌だし。車自体はとても乗ってみたいんだけど、残念だけど除外となった。
 まったく、日産はいい加減ウィングロードをモデルチェンジするか、ツーリングワゴン形状の車出せよと言いたい(^^;)。頑なに出さないんだよねー。ゴーン社長の方針なんだろうな。

 話を戻して、シャトルを注文する場合、まだまだ人気なので納車が2ヶ月近くかかってしまうそうだ(^^;)。そうすると代車が切れてしまうのだ。

 さてどうするか?。親の軽トラを借りて凌ぐという手もあるけど、軽トラだと全くどこにも行けない(確実にスノーシューは行けない)からなあ。軽トラはシートが殆ど動かせないため、足が常に浮く状態になり、長距離がとても辛いのだ。事故の翌日、通勤で使っただけでもやはり嫌だった(^^;)。

 そこで検討事項の一つとして、一ノ関方面に出かけた際に(スノーシューはやらすに、温泉のみ)、薄衣の中古車屋に寄ってみた。お目当ての車は・・・



 エアウェイブだっ!(笑)。そう、中古車で繋ぐプラン。前に乗っていた車なだけに、色々な問題が一気にクリアできるだろう。荷室の問題もそう。まあさすがに1ヶ月ちょっとだけ使うつもりはないから、これを選ぶ場合は車検切れまで乗ってから買い直しかな。ネットで中古車情報を調べたら、とりあえず近場に一台あったので、チェックだけしにきてみたのだ。



 シートに座ってみると、しっくりくるー(笑)。走行距離は9万チョイか。だから安いんだろうけど、この程度では全然問題ない事は知ってるので大丈夫(まあもちろん、買うならテスト走行してエンジン音等をチェックするけど)。見たところ大きなサビや傷はなさそうだ。なんといっても車検が2年後まで付いてるのが嬉しい。
 まあ売れてしまうかもしれないけど、とりあえず候補として考えておこう。ただもし買うなら、付いてるナビは古くて(DVDナビ・・)かなりうるさくて(冷却ファンかドライブ駆動音)なんか壊れてるっぽい(蓋開くボタンが作動しなかった^^;)ので、交換か電源切って停止だな。ヘッドライトカバーも焼けて黄色くなっててみっともないので、これも交換したいところ。

 だが・・・その後地元のホンダに寄り、正確な納期や費用を見積もって貰った際、代車の貸し出しOKと言われた(^^)。まあやはり自動車保険の代車が使えるギリギリまで引っ張ってからでお願いしたいそうだけど、とりあえず軽トラじゃなければ遠出もなんとかなるな。というわけで、中古車を経由せずにすぐに新車に買い換えの方向になった。あとは正式な修理&廃車保証見積もりが、東京日動から来るの待ちだな。出来るだけ高く査定されますよーに・・・。



 シャトルが出た頃に比べて、明らかにエアウェイブの中古の値段が下がっている。買い換えた人が多かったんだろうな。つーか、車検1ヶ月後に売ってしまうって、前のオーナーに何が有ったんだこれ?(^^;)。