DDRダイエット改!(直球ストレート(笑))

DDRとステッパーとブルワーカーでダイエット中(笑)。でも中身はだらだら日記メイン。
本サイトが別にあります(つまりここは日記とデータ置き場として利用してます)。DDRダイエットネタの他に富士登山ネタとかも書いてますので、興味がありましたら右下の本サイトへのリンクもどうぞ。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
   
本サイトはこちらから
ブルワーカー販売リンク




 上が普通のハードタイプ、下がソフトタイプ。ソフトタイプの負荷はかなり軽いので、ほんとに非力な人向け。通常はハードタイプを選んだ方がいいと思う。ハードタイプはX5からXOにモデルチェンジが行われた。
アマゾンリンク


楽天売れ筋ランキング


ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2020年3月2日 アニメ雑感想
    FFF (03/08)
  • 2020年3月2日 アニメ雑感想
    名無し (03/07)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    FFF (01/13)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    十六夜 (01/12)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    FFF (01/08)
  • 前の車が下がってきて事故にドラレコは有効なので常備しよう
    十六夜 (01/08)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    FFF (02/16)
  • やっぱたき火料理って憧れるよね
    十六夜 (02/16)
  • 事故の代車はいつまでも使えるわけではない(まあ当然)
    FFF (02/01)
  • トイレ暖房にコイズミのグラファイトヒーターKKS-0673を購入
    FFF (02/01)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
 
PowerDirectorで音が出ない問題(試用版も)の解決方法?
 キャンプで動画を撮影してきて、さていよいよ動画編集だ。使用するソフトは、CyberLinkのPowerDirector(パワーディレクター)スタンダード版。簡単な編集しかしないつもりなので、これで充分だ。

 さて、先にタイトルを回収しておこう。このソフト・・・に限らず、多分動画編集ソフトを使おうとした際に出るトラブルの一つが、「音が出ない」だと思う。編集中のプレビューはもちろん、動画を完成させても音が出ないという現象。


 私も試用版を使ってみたらこれに遭遇した。同じQuickTimeムービー(.MOV)なのに、音が出る動画と出ない動画が出てきて困った困った。



 上の画像は、タイムラインに2つの動画を並べてみた状態なんだけど、左側のCIMG5161と表示されている方は音が出ず、右側のFILE200329〜と表示されている方は出る。
 つーか、この時点で音が出るか出ないかが分かるんだけどね。右の動画は下に音声部分の表示が有るのに対し、左側はそれがない。

 そして・・・製品版じゃないからなのかな?と、製品版買ってみたら、全く解消されなかった!(^^;)。これは金を溝に捨ててしまったか!?(^^;)。

 でもいろいろ調べた結果、カメラで動画撮影した際の音声部分のエンコードが、特定のフォーマットで記録されていないのが原因みたいだ。よって、カメラの音声録音の設定を変えられればいいんだけど・・・エクシリムにはそんな機能が無かった(^^;)。

 これはカメラ買い換えないとならない?。でもそこまでして動画投稿したいわけじゃないしなあ・・・とか考えていたら、解決方法を思いついた(^^)。

 このソフトは動画に別の音声を乗せる事が容易にできる。それを逆手に取り、動画と別にその動画から抜き出した音声データを用意しておき、タイムライン上で重ねればいいんじゃね?と。音声の抜き出し等多少の手間が増えるけど、カメラ買い換えるよりはましだ(^^;)。

 というわけで、動画から音声を抜き出す。「Pazera Free Audio Extractor」というフリーソフトを使って吸い出した。
 そして、タイムライン上でまず動画を置き、その下に音声データを置く。元が同じデータなので、長さはもちろんぴったり合う。
 その次に、その2つのデータをCtrlキーを押しながら2つとも選択し、右クリックして「動画と音声をリンク」を選択すれば、動画と音声がくっついで普通に編集出来るようになる。これで解決だ(^^)。
 まあ、こうやってくっつけた動画だと、動画の分割とカット位しか出来なくなってしまうんだけどね。でもその程度の編集で充分なので、問題はない。

 さて、前フリだけで終わってしまった(笑)。使用感とか動画制作のあれこれとかは、また後日で。
Kindle Paperwhiteが再起動を繰り返すようになったら・・・?
 病院の待ち時間等、いろいろな所で暇つぶしに使っている電子書籍リーダーKindle Paperwhiteの調子が、少し前からおかしい。
 まず、遅くなった。次ページをクリックしても、なんか反応が悪い。しかも最近は、しばらく待たされるようになり・・・更にはそこから再起動に入ってしまう始末(^^;)。だから一冊読み終えるのに時間がかかるようになってしまい、困っていた。

 一応アマゾンのヘルプを見たけど、あまり役に立つ情報が書いてなかった。本の入れすぎも考えたけど、8GBモデルにラノベですら数百冊入れられるので、それはないだろう。

 これはもう端末の初期化をするしかないな。設定画面から『端末のリセット』を選択し、出荷状態に戻す。やり方は、設定画面に入ってもう一度右上の『三』を押すと出てくる項目で、端末のリセットが選べる。

 初期化したら、ワイファイを再設定し、アップデートとかがあると思われるので少し放置。なお、初期状態だと『システムの設定』という本が表示されるけど、これはクリックしないほうがいいみたいだ。クリックしてフリーズ→電源ボタン長押しで再起動、を繰り返したし(^^;)。
 あとはAmazonに行って、メニューから『コンテンツと端末の管理』を選べば、再び入れる本を選ぶ画面に行ける。一回読めば充分な作品は外し、まだ読んでないのと複数回読みたい本だけを、再度端末に配信。

 さて、こうやって初期化してから再び本を入れた場合、どこまで読んだのかとかの情報もリセットされてしまうのでは?と心配すると思う(私もそこが不安だった)。しかし、ちゃんとその情報は保存されており、ちゃんと初期化前に読み進めていた所から読めるようになっていた。
 まあ多分そのへんの情報はAmazon側で管理してるんだと思う。だから、ずーっとオフラインで使ってると、その限りではないと思うのであしからず(^^;)。

 そして再び読んでみると・・・バッチリ元のスピードを取り戻していた(^^)。電子インクだからスピードに限界はあるけど、ストレス無くさらさらとめくるようにページが更新される。一時は書い直しも検討していただけに、復活して良かった良かった(^^)。



 
雪が振らなさすぎてまた焚き火してきたw
 雪が降らない!(^^;)。今週末はスノーシューに行こうと思っていたけど、相変わらずの雪不足で・・・これはもうまた焚き火をするしかない!(笑)。まあ、また焚き火動画の撮影のテストをしたいのと、音声関係の新機材での録音のチェックもしておきたいからというのもある。



 というわけで真湯キャンプ場へ。年始に雪が降ったから、さすがに去年暮れに来たときより雪はあるけど・・・



 キャンプ場内はほとんど違わないなあ(^^;)。まあさすがにスノーシューが必要だったけどね。



 さて今回の焚き火撮影テストは、前回ちょっと低かった『音』を良くするのがメインだ。焚き火が『パチパチ』と小さくはぜ、炎が『ぼぼぼ』とこれも小さく出ている音、これを綺麗に大きな音で録音したい。

 というわけで用意したのが、ボイスレコーダーと外付けマイク。これで焚き火のすぐ前にマイクを置いて、焚き火の音をクリアに録音してみる。
 また、今回は音を大きく撮るためにカメラも焚き火の近くに設置。ただし煙の熱が来ないように、三脚を短くして低めにしてみる。またこれは同時に、キャンプ場の風景(雪景色)を焚き火の背景に入れた撮影にもなる。



 しかしこの背景に雪景色を・・・が大失敗(^^;)。後ろの雪景色の白さにホワイトバランスを持っていかれたのと、そもそも逆光気味だったせいで、真っ黒な焚き火台になってしまった(^^;)。アングルを変えるか、撮影用ライトも併用するべきだったな。まあこういう注意点が有るって事を勉強できたのは収穫だ。

 そして音声は・・・ボイスレコーダーと外付けマイクは、意外と撮れなかった(^^;)。カメラの内蔵マイクのほうがずっときれいに焚き火音が撮れている。マイクより離れたところにカメラが置かれていたのにだ。

 うーん、カメラ内蔵マイクのみで行くべきかなあ?。それだと編集ソフトも、別撮り音声を重ねる作業が不要になるから、フォトだけで充分になるし。まあこのへんは後々の検討課題だ。
 また課題といえば、たしかにこの距離だときれいに音が撮れるけど、邪魔だ(^^;)。まあ長時間録画するわけでもないから、その辺も検討課題かなあ。
 それと、実は今回は燃料は『松ぼっくり』だけでやっている。お湯を沸かすのに十分な火力が得られたけど、当然火持ちは短く、頻繁に投入しなければならなくなり、動画がせわしくなくなってしまった(^^;)。松ぼっくりは着火専用としておくべきだな。

 とまあ、やはりテストを重ねると色々改善点が見えてくるもんだ。3月にもまたチェックできればいいな・・・このまま雪が全くふらずに、もっと早くに出来るかもしれないけど(^^;)。
『Windows Movie Maker』はマイクロソフト関係ない偽物なので注意
 一昨日言っていた、じわりじわりとバックしてきた車のドラレコ動画を、知り合いに公開しようとして・・・一つ困ったことがあった。
 それは、私の怒鳴り声が入っているという点(^^;)。相手がやっとブレーキを踏んだあと、窓を開けて『ちゃんとブレーキ踏め!』と怒鳴っており、その声がモロに入っているのだ(^^;)。この部分はカットしないとならない。

 しかし、私のパソコンに入っているWindows Movie Maker2.6(7時代に入れて、そのまま移行したソフト)では、私のドラレコの録画形式がQuickTime ムービー (.MOV)のため、扱うことが出来ない(つーか、2.6だとMP4すら扱えない)。

 ググってみたところWindows Movie Makerの最新版なら扱えるとのことなので、入れてみたら・・・なんだこれ?。編集はできるけど、保存の際にライセンスの購入を求められる。無料じゃないの?(^^;)。また、一応ライセンス無しで保存することも可能だけど、動画の中央にでかでかとロゴが入るようになっている。

 これ・・・偽物だー!(^^;)。実はWindows Movie Makerは既に提供が終了しており、この名前で出てくるDLサイトはマイクロソフトと一切関係ない所だったのだ(^^;)。ググってトップに出てくるのはまずいだろこれ・・・。速攻アンイストール(念の為ウィルスチェックしたけど、変なソフト仕込まれてなきゃいいけど^^;)。

 じゃあ無料でMOVファイルを扱えるソフトは無いのか?。実はWindows Movie Makerの代わりに、ウィンドウズ10にデフォルトで動画編集ソフトが入っていた事が判明。

 それは『フォト』。名前だと只の写真ビューワーだと思うかもしれないけど、実は動画編集機能も統合されている。わかりにくわ!(^^;)。

 使い方は簡単。起動したら、『ビデオプロジェクト』を選べば、動画編集に入れる。なお、操作方法自体は自分で試行錯誤するしかない(^^;)。
 それでもまあ、トリミング程度なら簡単なので(動画ファイル読み込ませ、それを選択してトリミングのボタンを押す)、ドラレコ動画を必要な部分だけ切り出すならこれで全く充分だった。加工したら、後保存するだけでいい(出力はMP4)。

 こうして無事に加工完了(^^)。しっかし・・・Windows Movie Makerの名前で出してるこの動画編集ソフト、本当にいいのだろうか?(^^;)。マイクロソフトから訴えられたりして(^^;)。
普通のコンデジをユーチューブ用動画撮影用に使ってみた
 では一昨日の真湯キャンプ場での焚き火動画撮影テストの顛末だ。



 キャンプ場は3週間前より遥かに雪が少なく、スノーシューも不要な程。軽く除雪して、管理棟前で焚き火だ。



 まず薪割り動画から。でも薪割りの手際が悪いのがバレバレな動画が出来上がった(^^;)。なるほど、あまり薪割りの動画がないのはそのせいか(^^;)。でも逆にこれは受けが取れる動画になるかも・・・?(笑)。まあとにかく、割るのは新しく買った鉈を使ったけど、これはとてもスムーズに割ることが出来た。今までの苦労は何だったんだ(^^;)。



 さて、デジカメでの撮影はこんな感じ。三脚を使っての撮影だけど、少し離れたところに設置して、デジカメのズームを使って撮影。これだと三脚が邪魔になりにくいし、離れているから焚き火の熱がカメラのレンズを痛める心配が少ない。光学ズームが出来ないアクションカメラ使うより、この方がいいかな?。



 ただし、初めてだから仕方ないけど、出来上がった焚き火動画はちょっとアップにしすぎていた(^^;)。炎を大きく撮影したいと思ったんだけどね。また、ホットサンドメーカーでおにぎりを焼いたけど、焼き上がったのをカメラ前に写すのも、近すぎてピンぼけという失敗を(^^;)。このへんは慣れるしかないな。

 でもアングル固定のおかげで、編集して短くする際に違和感なく繋げるのは利点だな。これは他の場面でも使えると思う。

 あとこだわりたい『音』に関してだけど、このデジカメ意外なことにちゃんとステレオで録音されており、カラスの鳴き声等もちゃんとリアルな感じで入っていた。ただ若干風に弱い感じがするので、風対策は必要だな。
 また、焚き火台から離しているので当然その分炎の音とかは低くなっている。編集ソフトで音をでかくするという手もあるけど、このへんは音だけ別撮りにするかどうか検討課題だなあ。



 まあ、出来上がった焚き火動画は炎が大きくていい感じになったと思う。準備と着火から撮影したので、一度着火に失敗した所もばっちり(^^;)。この辺入れたほうが面白いかも?。
 また、くべた薪に火が付いて、徐々に燃えていって最後は炭になって見えなくなる一連の流れを動画で見ると、いかにも焚き火を眺めているという感じになって、結構いいかもしれない。大抵の焚き火動画は途中省略したりするからね。でも長くなるから、キャンプ動画と焚き火動画は別にしたほうがいいかも?。

 そして30分ほど焚き火を行ってからスノーシューへ。やはり実際にやってみると色々改善点等が分かって勉強になった。手持ちのデジカメが撮影に以外と使えることが判明したのは朗報だな。本格的に始めるのはまだ先なので、色々検討してテストして行くことにしよう。
 
ウィンドウズ10無料アップグレード再チャレンジ・・・一応成功!(^^)
 数日前に言っていた、ウィンドウズ10への無料アップグレード、今日再チャレンジして・・・今度こそ成功!(^^)。

 前回アップグレードに備えてアンインストールしたら不具合が出たATOKは、しっかりMS-IMEに切り替えてからアンインストールしたので、前回のような謎の不具合は出なかった。また実はグーグル日本語入力も7用のはそのまま流用できないためかアンインストールを勧められるので、辞書をバックアップしてから削除。
 それと当然バックアップはやっておくわけだけど、メルアドやパスワード等は紙にも記録しておく。

 ちなみにうちのPCのスペックは、CPUはi5の2.5Gで、メモリは8Gだったかな。SSDの容量やグラボはもちろん問題なし。自作PCなので、OEMのウィンドウズ7ホームエディションをインストールしている。

 では準備も整ったので、アップグレード作業開始だ。マイクソフトでアップグレードツールを配布しているので(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)、DLして起動する。

 あとはツールが全てやってくれる。相性問題が発生するソフトは、事前にツールが教えてくれるので安心だ。

 なお、アップグレードの情報を調べたサイトによってはプロダクトキーが必要になるとか、メーカー製でアップグレードをサポートされているPCでないと駄目とか書いてあるサイトも有ったけど、少なくとも私の自作PCでは全く問題なくアップグレード出来たし、プロダクトキーも必要になる場面は無かったよ。

 ただし、それなりに時間はかかった(^^;)。1時間半位かなあ?。途中進行度の%が全く進まない場面があり、結構不安になった(^^;)。

 そして無事に起動(^^)。うん、ウィンドウズ10はイマイチ使いにくいのは変わらずだ(^^;)。余計な機能が多いんだよね。要らないものをバシバシ消していったけど、やはり7風には戻せない。
 でも一太郎がそのまま使えるのはありがたいな(ATOKは使えないけど)。

 ただ、一つ不具合が発生(^^;)。デフォルトのブラウザの設定画面で、どうしてもファイアフォックスを指定できない。選ぶ画面でファイアフォックスが出てこないのだ。ファイアフォックスの排除だろうか?(^^;)。
 まあメールやチャットで添付されたURLを開く際に別画面のクロームになってしまうけど、その程度の不具合なので気にしないことにする。なんといっても、追加でOSやSSD購入等余計な出費を出さずに住んだのは嬉しい(^^)。来月になれば混むだろうから(回線が遅くなるだろから)、その前に完了できたのも大きいな。 
Teclast P80Hの充電は、電源切ってから充電すればOK?
 キャンプ場で野球やニコ生を見る場合、スマホで見るのが最も手っ取り早くて簡単。しかしやはりもうちょっと大画面で見たい。しかし、前に一度ウィンドウズタブレットを使った事が有るけど、遅延とか余計なアップデートとかがあって、それ程良くなかった。

 そこで、安いアンドロイドタブレットを導入することにした。アンドロイドの方が軽いからね。スマホと同じアプリで見ることが出来る。

 さて、安いタブレットとなると・・・アマゾンのFireタブレットが真っ先に思いつく。実際かなり安いんだけど、OSが独自規格のFire OSなため、野球観戦時に使用する楽天TVアプリが使えないので駄目だ。

 そして見つけたのが、まあ中華タブレットになるんだけど『Teclast P80H』というやつ。約8千円(7,999円)でありながら、8インチで 1280x800と高解像度が高い(同価格帯だと大抵1024x600)。ただひとつだけ、100-240V 5V 2AのUSB充電器を使わないとならないみたいだけど、まあ充電器も安かったので問題無い。





 しっかりした梱包で到着。起動してみると、スマホと同じくグーグルアカウントの入力を求められたので入力。あとは設定で日本語に変更し、プレイストアでグーグル日本語入力をDLしてインストールすれば、完全に日本語対応のタブレットだ(^^)。



 早速楽天TVで過去の試合を再生してみる・・・写りすげえいいぞ!(・・;)。ブラウザで楽天TVを見るよりずっといいんじゃねこれ?



 続いてニコニコ動画再生アプリを入れて、ゆるキャンを再生してみた・・・これも写りがいい!(^^)。専用アプリで最適化されると、こんなに写りがいいのか。もうウィンドウズタブレットは要らないな(^^;)。

 ただ、安いなりに不具合っぽいものがあった(^^;)。まず、バッテリーの減りが結構早い。そして、使用中に充電器を繋いでも充電されない(^^;)。ただし繋げば減りもしないし、モバイルバッテリーでも同様だったので、まあキャンプ場で使うときはモバイルバッテリーに繋いで使用すればいいか。あと充電は、電源を切ってからだと充電されたよ。

 まあこの値段ならこの程度問題無い。やはり写りがいいのは嬉しいし(^^)。また、キャンプでスマホで野球観戦しつつツイッターやろうとすると、視聴を中断してツイッターに切り替えないとならないのが地味にめんどくさかったし。これなら視聴はタブレットで、ツイッターはスマホでという風に出来る。買って良かった(^^)。
 

  
停電で無線LANルーターが壊れた!(^^;)
 突然無線LANルーターが壊れた・・・まあ私の使い方はルーターとしてでは無くアクセスポイントとしてだったけど、スマホとかが繋がらないのは困る。



 まあとにかく、使っているバッファローの無線LAN親機「WHR-G301N」の普段点いてないランプが高速点滅・・・その点滅に合わせて、なんか変な音も聞こえる。
 ネットで調べてみたところ、どうやらACアダプターの故障みたい。停電で壊れやすいとか書いてあるな・・・親に聞いてみたところ、まさに昼間停電があったそうだ(^^;)。
 まあ寿命だなあ。新品ならそう壊れないはずだけど、コンデンサとかの劣化の最後の引き金に、停電に伴う電圧異常(新聞によると架線接触だそうなので、雷サージ程ではないにしても電圧の変化は起きたはずだ)でとどめを刺されたんだろう。もう8年使っていたルーターだし。



 というわけでアマゾンで適当なルーターを物色。広範囲をカバーする必要は全く無いので、安い奴で構わない。
 結局選んだのは、前と同じくバッファロー製の、WCR-1166DSというやつ。三千円台のエントリーモデルでありながら、5GHzでも通信可能ということで選んだ。



 届いたモデルは結構小さいかな。背面にルーターとアクセスポイントの切り替えスイッチがあったので、それをアクセスポイントに切り替え、NTTのルーターのポイントの一つに繋ぐだけで配線の方は完了。

 そしてスマホの設定は専用のアプリをDLして、本体に付属しているパスワードがQRコード化されてるやつを読み込ませるだけで設定完了と簡単だった。まあパスワードを直接入力するか、アプリを探す手間かの差程度だけど(^^;)。

 また、専用アプリを使えばスマホでもルーターの暗号化キーやSSID等の各種設定を変更することが出来る。ここで前使っていたルーターと同じように『エコモード(省電力モード)』を設定しようとしたんだけど・・・そもそもこのモデルにはそのモードが無かった(^^;)。
 ちなみにこのエコモードとは、スケジュールを決めて使わない時間帯には無線をOFFにし、消費電力を減らすというモード。平日日中なんかオフにしとくべきだからね。

 でも搭載されてないとは残念・・・というか、最近のモデルだと上位機種でも搭載されてないようだ。そういうの使わなくても充分に低消費電力になってるんだろう。まあ大した消費電力でもないので、他の家電で無駄な待機電力食ってる奴をまめに切ればいいだろう。

 というわけで、何とか無線環境を復旧出来た。そもそも停電が無ければ無駄な出費をしなくて済んだのに−(^^;)。
 


  
 まあほぼ同じ値段なら5Gにも対応してる方選ぶよね。
顔文字(外国の横倒し顔文字)のウィルスメールがすげえしつこい…
 正月3日から、また新たなウィルスメールがやってきた・・・しかも今度のはすげえうざい(^^;)。



 このようにタイトルは「:)」「;)」「:D」といった、外国の横倒し顔文字のみ。差出人は普通に英文名(愛称すら使われておらず、そこが逆に怪しさ満点^^;)。そして本文は全てスマイルマーク一個で、漏れなくトロイの木馬と思われる、画像ファイル等に偽装した添付ファイル。
 これが1日20通くらい来るからひじょ〜〜〜にしつこい!(^^;)。他のメールが流れてしまう。
 とりあえず見ての通り顔文字には「:」か「;」が使われているので、それを詐欺メール仕分け設定条件に追加して、自動でゴミ箱に行くように設定。まあ普通のメールもそれが使われてるとゴミ箱行ってしまうけど、そこはまめにゴミ箱の方を見るということで(^^;)。

 にしても・・・こんなのに誰がひっかかるのだろう?(^^;)。添付ファイルをうっかり開封する人狙いなのかなあ?。



 それとも、ネットしてるとたまに出てくる(バナーを使って表示させてるのでどこにでも出る)、「あなたのPCはウィルスに感染しています」とか表示される(ピッ!といった音付きで)、怪しげな対策ソフト売り込みのウィンドウと連動させたいとか?。確かにこのメールが来てからあの画面が出たら、迂闊な人はひっかかりそうだな(^^;)。でも迂遠すぎない?。

 まあとにかく、こううるさいのではそろそろメルアドを変更する方向も考えた方がいいな。あーめんどくさい(^^;)。
楽天市場からの身に覚えの無い注文内容ご確認メールに注意
 昨日突然、楽天市場から【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)という、いつも楽天で注文した際にやってくるタイトルのメールがやってきた。
 あれ?、この数日楽天市場で何かを注文した覚えは無いな・・・と思ってよく見てみると、詐欺メールだー!(^^;)。



 前にも凝った楽天市場の詐欺メールが来たことがあったけど(→http://ddrdiet.jugem.jp/?eid=4160)、今回もかなり凝ってた。実在するショップをかたり、なおかつ実際に私が注文しそうなカーオーディオパーツ(ホンダ車用のナビ取り付けキット)の注文確認メールになっている。そして貼られているリンクは、恒例のマルウェアDLサイトに飛ばされるタイプの奴。

 とても凝った作りだったけど気がついたわけは、注文の不自然さもそうだけど・・・なんと全く同じ物が2通届いたから、おかしいと気がついたのだ(^^;)。
 でもこれ、私が乗ってるホンダ車用のパーツだな・・・楽天市場でカーパーツを買ったときのデータ田が流出して、それが元になってたりする?(^^;)。
 と思ったけど、そのショップの本物のページに載っていた注意喚起文を見ると、たまたまのようでどこも同じ文面で行ってるようだ。

 にしても、何で楽天ばかりなんだろう?。アマゾンで同様のタイプって見かけないのになあ(アマゾンだと、アマゾンをかたったレイバンのサングラスのセールのが来るが^^;)。まあやはり、自動振り分けではじくように設定しておかないとな。